ライフイズテック、ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を学習塾・企業向けに提供する法人プランを開始

中学生・高校生向けのプログラミング教育事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介)は、ディズニーの世界を楽しみながらプログラミングをオンラインで学べるプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」の法人プランの提供を11月10日より開始することを発表した。

これにより、既存のプログラミング教育事業者や学習塾、企業などが「テクノロジア魔法学校」を教材として活用できるようになる。

また、11月10日より12月15日までの期間、「テクノロジア魔法学校」の法人向けプランを無料で体験できる「法人様特別無料体験プログラム」の受付を公式Webサイトにて実施する。

同教材は、現在主流の「Scratch」等をベース作られたビジュアルプログラミング教材の次の本格的なテキストプログラミング教材として、はじめてパソコンを触る人でも、タイピングの基礎から本格的なプログラミングまで、ディズニー作品をテーマとした教材を楽しみながら学習できる。

プログラミング未経験の指導者でも指導しやすいガイドや学習のポイントが盛り込まれた教材設計に加え、「3秒ステップ・バイ・ステップ式」学習システムで、小さな成功体験を積み重ねながら、途中で断念することなく学習できることが特徴。

2020年度以降プログラミング必修化を控える小学生、中高生をはじめとする若年層のユーザーからのニーズが急激に高まっている。

本教材は、はじめてプログラミングをスタートする人でも導入しやすい内容となっており、基礎から発展まで楽しく学ぶことができる。

ライフイズテックは、プログラミング教育をはじめとする創造性を喚起するSTEAM学習を継続的に学ぶことのできる環境を創出し、さらに多くの子どもたちが可能性を拓いていく機会を提供していく。

法人向け「テクノロジア魔法学校」無料体験プログラムの概要

「テクノロジア魔法学校」 の特別無料体験プログラムでは『ズートピア』『塔の上のラプンツェル』などのディズニー作品をテーマとしたレッスンを収録した、Webデザイン・ゲーム制作・メディアアートの3つのコースでプログラミングの基礎から応用まで学べる。

「テクノロジア魔法学校」の特長

  • 魔法学校を舞台にしたオリジナルメインストーリーと、ディズニー作品をテーマにしたレッスンで学ぶ。メディアアート、ゲーム制作、Webデザインコースを用意したクロスカテゴリ学習
  • 「3秒ステップ・バイ・ステップ式」学習システムで、小さな成功体験を積み重ねながら、途中で断念することなく学習可能。本格的・実践的なプログラミング制作テーマが満載。

想定事例

  • 小学生・中学生プログラミング教室での教材採用
  • 社会人・大人向けパソコン教室などの採用
  • 民間学童や、専門学校などへの教材採用
  • 企業でのプログラミング研修用の教材採用

 提供サービス

「テクノロジア魔法学校」法人プランのID無料提供

※製品版と異なり、ストーリーに沿った学習に必要な魔導書・謎解きアイテム・オリジナルポストカードは含まれない。

提供対象者

プログラミング教室、パソコン教室、学習塾、専門学校、企業等

申込受付期間

2020年11月10日(火)〜2020年12月15日(火)まで

受講方法

フォームでの申し込み確認後、11月中旬より順次ログインに必要なID、パスワードがメールにて届く。

※本サービスはPCでのみ利用可能。スマートフォン、タブレット端末等では利用できない。