GIGAスクール構想を支えるICT支援員・会員数が1か月で140%増

一般社団法人ICT支援員普及促進協会(所在地:東京都葛飾区、会長:木村裕文)は、2020年11月1日現在の会員数が2020年10月1日現在の会員数と比べて140%アップしたことを発表した。

これは要因として、GIGAスクール構想による児童生徒1人1台の端末整備が進み、今後その活用を支える専門職として、ICT支援員に注目が集まっている表れだと考えられる。

ICT支援員普及促進協会としては、政府の「GIGAスクール構想」実現による急激な人材需要に対応するため、「ICT支援員」に必要な基礎知識を習得できるWeb講習会を2020年11月9日(月)~2021年1月17日(日)まで開講するとともに、教育委員会からの相談を受け付けている。

入会後は、Web講習会による知識習得だけでなく、会員による定期ミーティングでの情報共有や、困ったときの各種相談などの支援も充実している。

なお、Web講習会を受講し確認テストを終了すると、自治体のICT支援員募集条件のひとつにもなっている「ICT支援員Web講習会ブロンズコース修了証」が発行される。

ICT支援員の整備が急がれる背景

「ICT支援員」は、学校の先生や子どもたちのICT活用を支える専門職である。

これまでも文部科学省は、「ICT支援員は不可欠な存在」としてきたものの、そもそも学校のICT環境の整備が進まず、「ICT支援員」の配置も進まなかった。

ところがコロナ禍により、政府の「GIGAスクール構想」が急加速し、「全国の小中学校の児童生徒1人1台の端末整備」が、今年度中に完了する見通しとなっている。

これを受け、全国の教育委員会から「ICT支援員」の募集が急増することが想定されるが、現在はICT支援員として活躍できる人材は、全国でも約2,000名~3,000名程度しかいないとされており、人材の育成が急務となっている。

参考

ICT支援員Web講習会の概要

開催日程

2020年11月9日(月)~2021年1月17日(日)

受講申し込み

https://ict支援員.com から申し込み。

費用

6,200円(税込)

※ICT支援員普及促進協会の年会費(4,000円/2021年3月31日まで有効)を含む。すでにICT支援員普及促進協会の2020年度の年会費を納入している会員は2,200円(税込)で受講できる。

コンテンツ

  1. ICT支援員の役割(1時間目)
  2. 校内のICT環境(2時間目)
  3. ICT支援員が意識すべきこと(3時間目)
  4. 最終確認テスト

対象

ICT支援員の基礎知識習得に興味のある人・技能習得を希望する以下の人々

  • GIGAスクールサポーター、ICT支援員に今後応募し、学校で業務を行うことを希望する
  • GIGAスクールサポーター、ICT支援員を派遣しようとする企業・団体、もしくはすでに派遣している企業・団体の社員
  • 教育委員会、自治体、学校の教職員 他

主催

一般社団法人ICT支援員普及促進協会


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。