パナソニック、プログラミング家電を用いた新たなカリキュラム構築に向けパイロット授業を実施

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、プログラミングで制御可能なトースター機能を備えたプロトタイプ(以下、Scratchトースター)を試作し、調理の試行錯誤に化学・生物の知識を結び付けるプログラミング教材(作成協力:株式会社Z会)と組み合わせた新たなカリキュラムを開発した。

このカリキュラムを、実際の教育現場で検証するため、新潟県新潟市立光晴中学校にてパイロット授業を実施したことを発表した。

Scratchトースターを用いたパイロット授業の概要

パナソニックは、住空間における創造的な学びの価値提供を目的として、くらしを題材にした新しいプログラミング教育の研究開発を推進している。

2018年にマサチューセッツ工科大学(MIT)にて研究開発を開始。MIT Media LabのLifelong Kindergartenグループが開発した教育用プログラミングソフト“Scratch(※1)”を適用し、住空間に新たな「創造的な学びの場」を作ることを目指している。

※1 Scratch:8歳から16歳を対象にした教育向けのプログラミング言語で、世界中で広く使われている。プログラミングの知識を学ぶだけでなく、創造的な学びを育むコミュニティでもある(ユーザ登録数は6000万人超[2020年9月時点])。

Scratchトースターは、様々な家電操作に拡張する取り組みでの最初のプロトタイプになる。

世界的にSTEAM教育(※2)が盛り上がる中、その中心に位置づけられるプログラミング教育は日本においても2020年度より小学校、2021年度からは中学校にてそれぞれ必修化される。

※2 STEAM教育:Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術・教養)、Mathematics(数学)を統合的に学習する教育手法。

現在のプログラミング教育は、ゲームやロボットを題材に物理や数学の知識と関連付けた学びが中心となっている。

これに対し、今回開発・試作したScratchトースターを活用することで、従来のプログラミング教育では出来なかったくらしの一部である“料理”を題材に、加熱や下処理など調理に結びつく化学や生物の知識に関連付いた、新たな創造的な学びを実現することができる。

今後IoT化されていく住空間では、便利なくらしを享受することに加え、そこで暮らす人が自らの快適さを自らの手で学び、創り出すことが可能となる。

今回のパイロット授業を通して、こうした創造的な学びのある住空間の創出を目指し、教育としての効果を実証しながら、くらしに根差したサービスの実現に取り組んで行く。

実施場所

新潟県新潟市立光晴中学校 調理室

実施時期

2020年10月2日、28日、30日、11月6日 3年生の“総合”の授業時間内(クラスごとに日を分けて実施:全4クラス)

実施内容

参加の生徒が自分たちで決めた理想のクッキーを作ることを目指し、プログラミングで試行錯誤をしながら、クッキーの生地づくりからScratchトースターで焼き上げる一連の工程に取り組み、その過程で用いる化学や生物の知識や調理プロセスを、プログラミングを通して学ぶ。

なお、パイロット授業で用いたScratchトースターを実際に体験できるワークショップを、パナソニックコーポレートショウルームのパナソニックセンター東京にて実施予定。

ワークショップ実施要領

日時

  • 2020年11月21日(土曜日)14:00~17:00
  • 2020年11月22日(日曜日)14:00~17:00
  • 2020年11月29日(日曜日)14:00~17:00

対象

小学校4年生~6年生

定員

各回親子6組12名

参加費

無料

場所

パナソニックセンター東京 ホール