学校法人のDX推進に向けNew Innovationsと学校法人智辯学園が産学連携

株式会社New Innovations(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:中尾 渓人、以下「New Innovations」)と智辯学園和歌山高等学校などを運営する学校法人智辯学園(所在地:奈良県五條市、理事長:藤田 清司、以下智辯学園)は、学校法人のDX推進に向けて、2020年7月1日に協力関係推進協定書を締結したことを発表した。

New Innovationsと智辯学園の連携概要

  1. 学校法人における各種業務の効率改善・省人化・高度化に関する事項
  2. オンラインを活用した講義・授業の改善及びプラットフォーム整備に関する事項
  3. 技術開発及び企業活動への応用、共同研究等の連携に関する事項
  4. 大学発ベンチャー企業の創出に関する事項
  5. 大学発ベンチャーのエコシステムの構築に関する事項
  6. 調査、セミナー等への企画
  7. 学生の起業活動に係る取組みに関する事項
  8. その他産学連携活動に寄与する事項の推進に関する事項

具体的な取り組み内容について

  • 新型コロナウイルス感染対策のためのオンライン授業システムの構築
  • 全校の寄附金支払い等で使用する決済システムの構築 ※クレジットカードやコンビニ払い、ATM払いで甲子園や陸上大会等の寄付金が24時間支払うことができるように。
  • 智辯学園が運営する8校分の学園公式サイトのフルリニューアルと運営保守
  • ICT教育のコンサルティング
  • 新規入学希望者増加のためのマーケティング戦略立案と実施

New Innovations代表取締役CEO 中尾 渓人氏のコメント

私自身、小学校から高等学校まで智辯和歌山で学びの時間を過ごしました。お世話になった学園とこうして取り組みをさせていただけることをとてもありがたく思っています。

新型コロナウイルスの感染拡大により、教育現場のIT化もより一層推進していく必要に迫られています。今回の連携により、これから智辯学園で学ばれる方々にとってより良い環境を作る一助となれれば幸いです。