楽天、児童向けオンライン英語教育サービス「Rakuten ABCmouse」をリニューアル

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、児童向けオンライン英語教育サービス「Rakuten ABCmouse(読み仮名:ラクテンエービーシーマウス)」を、リニューアルしたことを発表した。

「Rakuten ABCmouse」リニューアル概要

今回のリニューアルでは、「Rakuten ABCmouse」の最大の特長である「楽しく遊びながら英語脳(日本語を介さずに英語を英語で考えて理解する脳の回路)を育てる」のコンセプトはそのままに、Learning Path(以下、学習コース)を再設計。

新しい学習コースは、子どもたちが英語を聴き、「理解した内容を選ぶ・練習する・話す・復習する」の4つのアプローチから英単語や言い回しを学んでいくことで、より自然かつ効率的に英語脳を育むことのできるサービスへと進化している。

また、子どもたちのモチベーションを持続させるための様々なアクティビティーや学習コンテンツ(注1)を用意し、対象年齢も従来の3~8歳から3~11歳に拡大。

2020年から始まった小学校の新学習指導要領における外国語教育の早期化・教科化(注2)に伴い求められる能力の先取り学習および補習へのニーズにも対応している。

機能面においても、タブレットやスマートフォンでの操作を軸としたプログラムへと変更し、テキストやイラストのサイズ、タッチ・クリックの有効範囲などのUI/UXを見直し、より直感的で快適に操作できるようになっている。

また、保護者向けの管理画面では、習得単語や学習時間、通過レベルなどの表示を見直した。これにより、進捗をひと目で、より詳細に把握することが可能。

さらに11月中旬に予定されているアップデートでは、スピーキング等のアクティビティーにおいて子どもたちが録音した音声を保護者も確認できるようになる。

昨今、コロナ禍における学習環境の変化により、おうち学習への需要が高まっている。

「Rakuten ABCmouse」は、単なる座学ではなく、絵本・音楽・パズル等を通じてゲーム感覚で英語に接することができる学習コンテンツを、再設計された学習コースと操作性・利便性の高まったシステムにより提供することで、おうちで本格的な英語教育を受けることを可能にする。

なお、今回のリニューアルを記念して2020年11月4日(水)から2021年1月8日(金)までの間、本サービスを特別価格で利用できる「リニューアルキャンペーン」を実施する。

楽天は今後も、テクノロジーの力で「学び」をもっと効率的で楽しく行えるよう、コンテンツの拡充やサービスの利便性向上に努め、より多くの学習者を支援するサービスの提供に努めていく。

リニューアル日

2020年11月4日(水) ※以降順次アップデート予定。

対象年齢

3~11歳

対応機種

タブレット、スマートフォン、PC

価格

1. 楽天ID決済(リニューアルキャンペーン価格)

  • 1カ月プラン: 1,480円(税込)
  • 1年プラン(12カ月): 9,800円(税込) ※1カ月あたり約817円。

※楽天ID決済を利用する場合、100円につき「楽天ポイント」1ポイントが付与される。リニューアルキャンペーンは、2020年11月4日(水)から2021年1月8日(金)11:59まで。それ以降は、通常料金である1カ月プラン1,980円(税込)、1年プラン(12カ月)14,800円(税込)での販売となる。

2. Apple ID決済

  • 1カ月プラン:2,200円(税込)
  • 1年プラン(12カ月):18,800円(税込) ※1カ月あたり約1,567円。

※Apple ID決済はキャンペーン対象外。

リニューアル内容

学習コース

タブレットやスマートフォンでの操作を軸としたプログラムへと変更。

テキストやイラストのサイズ、タッチ・クリックの有効範囲などのUI/UXを見直し、より直感的で快適な操作を実現。

学習コース内の一部のアクティビティーには、録音・音声認識機能を新たに加え、正しい発音の習得に向けた個別のフィードバックも提供可能に。

チケットタウン

学習コース内の各アクティビティーを完了するともらえるチケットで利用可能なチケットタウンを新設。

ゲームやパズル等の [ケーキ, 誕生日, テーブル, 屋内 が含まれている画像 自動的に生成された説明] モチベーションを持続させるための様々なアクティビティーが登場。チケット不要で楽しめるデジタルえほんには、今後ディズニー関連の書籍も数多く追加予定。

保護者向け管理画面

[グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明]

習得単語や学習時間、通過レベルなどの表示を見直し、学習進捗をひと目で、より詳細に把握することが可能に。

また、11月中旬のアップデートにより、子どもたちがスピーキング等のアクティビティーにおいて録音した音声を聴くこともできるようになる。