アイフリークモバイルとヒートウェーブ、IT教育分野に関する業務提携契約を締結

株式会社アイフリークモバイルは、ヒートウェーブ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林田 かおる、以下「ヒートウェーブ社」)との間で、IT教育分野に関する業務提携契約を締結することを発表した。

業務提携の理由

近年、IT技術の進化は目覚ましく、新しいIT技術やサービスが次々に登場する一方で、我が国の人口減少に伴い、2030年には約59万人のIT人材が不足するとの調査結果もあり(※)、少子高齢化という深刻な要因も合わせて、IT人材の不足は今後さらに加速することが予測され、若手ITエンジニアの教育と育成を進めるためには、人材育成の省力化・効率化が課題となっている。

昨今は働き方改革が推進され、新型コロナウイルス感染症拡大を契機に、いわゆるアフターコロナの時代において、あらゆる業界が、新型コロナ感染拡大に伴う対応、収束後の方針を模索するなか、新入社員研修、既存社員研修、人材育成の方法もオンラインを中心にする動きが広まっている。

スマートフォンやタブレット端末の普及により学習ツールが多様化された事や、動画コンテンツの進化、クラウド環境の進展などにより利用しやすい環境になっていることが後押しし、人材育成は新入社員研修を中心にリモートワークやオンライン教育などの導入に力を入れる企業が増加し、人材教育の面でも集合研修からオンライン研修へシフトするなど、さまざまな企業や団体が若手人材や未経験人材の育成・戦力化に試行錯誤している状況である。

このような状況の中、アイフリークモバイルとヒートウェーブ社は、両社の強みおよびネットワークを活かし、人材教育・育成領域でのパートナーシップ体制を構築し、若手人材や未経験人材の育成・戦力化を目指す企業を支援するため、今回の業務提携契約を決定。

多くのエンジニア・社会人の育成を支援してきた実績があるヒートウェーブ社の様々な研修プログラムを提供し、人材育成・戦力化の課題を解決し、恒常的に不足するITエンジニアの育成を支援し、我が国全体のIT人材不足解消の一助となるよう目指していく。

アイフリークモバイルは、創業時より取り組んでいる絵文字・スタンプといったデジタルコンテンツの配信や、自社開発の電子絵本アプリ、写真加工アプリ、知育アプリ等を提供するモバイルコンテンツ事業に加え、2016年よりウェブコンテンツ制作、システム開発及び運用サポート等の請負事業やシステムエンジニアリングサービス及び派遣事業を行うコンテンツエンジニアサービスを展開している。

2020年1月1日には子会社2社のM&Aを行い、800名以上のITエンジニアを要する技術者集団として、IT技術の提供や技術者の育成に力を入れている。

ヒートウェーブ社は、創業時よりIT教育事業を展開しており、IT業界で課題となっている人材不足問題の解決に繋がるサービスとして、IT業界求職者向けのネットワークエンジニア養成コースとプログラマー養成コースなどを展開する「無料の学校」をはじめとした多種で豊富な公的機関認定教育カリキュラムを運営するほか、人材育成・社員研修に関する様々な助成金の情報、活用方法、申請方法等豊富なノウハウを基に企業の費用負担を抑える助成金活用企業研修プログラムの導入実績も多数有している。

また、200名以上のプロフェッショナル講師を抱え、その教育プログラムはオフサイトのほか、コンテンツのオンライン化により人数の制限がなく受講が可能となっており、数人から数万人までの規模で提供が可能で、これまでに20,000名以上の人材を育成した実績がある。

社会人向け、企業向け、官公庁向けにさまざまな教育プログラムを提供しており、学習から就職までワンストップでサポートする体制も充実しており、未経験の人材から価値あるエンジニアに育成するプログラムを実施している。

近年は、サイバーセキュリティの需要が急速に増加しており、サイバーセキュリティ教育コンテンツについては、サイバー犯罪対策研修など警察関連をはじめとした官公庁等や大手通信会社等民間企業に多数の提供実績があるほか、経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座」として認定を受けているセキュリティスクール「セキュ塾」が提供するホワイトハッカー育成コース及びサイバーセキュリティ技術者育成コースが人気を集めている。

いずれのコースも全国どこからでもオンラインでの受講が可能であることから、常時300名以上の受講者を抱えている。

また、行政からの要請により、首都圏の小学校等を中心とした100校以上の学校に「親子で学ぶ情報セキュリティ講座」も実施しているほか、IT、英語、セキュリティが同時に学べる「サイバーキッズコース」なども運営しており、若年層の教育にも力を入れている。

2020年春より新型コロナウイルスの感染拡大が現在まで広く影響を及ぼしているが、両社の強みを活かし、場所・時間を問わずに、受講者のタイミングに合わせて実施できる教育・研修スタイルが可能なオンラインで受講できるIT技術者育成のための教育プログラムを広く提供することで、IT分野における企業の今後の働き方や技術者教育といった課題解決に貢献し、両社の事業強化や更なる成長を目指していく。

(※)出典:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(2016年6月10日発表)

業務提携の内容

アイフリークモバイルグループとヒートウェーブ社は、以下の内容について業務提携を推進していく。

①教育サービスの販売

ヒートウェーブ社の運営する、「セキュ塾」「無料の学校」といったIT技術者育成・教育プログラムコンテンツをアイフリークモバイルがパートナーとして販売。

ヒートウェーブ社の教育プログラムはIT分野の未経験者から経験者まで幅広い層への実績があり、顧客となる企業等の希望に合わせてカスタマイズしたプランを販売する予定。

②IT教育分野における新たな事業機会の創出、価値創造及びサービスの提供

IT技術者の採用や教育に関するアイフリークモバイルの知見や、ヒートウェーブ社の教育ノウハウとコンテンツ開発力といった相互の強みを活かし、IT教育サービスの共同開発等新たな事業機会を創出、提供していく。

③ヒートウェーブ社の教育プログラムを活用した当社技術者の育成、人材交流

ヒートウェーブ社の教育プログラムを活用し、アイフリークモバイルの800名以上のIT技術者の技術向上や人材交流を図る。

その他詳細についても、別途協議の上取り決めを行う予定。

アイフリークモバイルグループは、今後も新進的な技術への対応をとりながら「人と人とのつながり」を核としたコミュニケーションプラットフォームを提供するとともに、さまざまな企業との最適な提携関係を構築し、新たな事業・収益機会を模索し、経営理念である「つたわる、つながる、ひろがる」を実現し、企業価値の最大化を図っていく。