Raspberry Pi 4を組み込んだキーボード型のパソコン「Raspberry Pi 400」を発表、日本向けにはスイッチサイエンスが2021年以降に販売開始予定

Raspberry Pi財団が2020年11月2日にRaspberry Pi 4を組み込んだキーボード型のデバイス「Raspberry Pi 400」を発表したことを発表した。

株式会社スイッチサイエンス(本社:東京都新宿区、代表取締役:金本茂)は、2021年以降に取り扱いを開始する予定。

「Raspberry Pi 400」概要

Raspberry Pi 400はRaspberry Pi 4をキーボードに組み込んだパソコン。

ディスプレイやマウスをつないで手軽に使い始めることができる。

クアッドコア・64ビットのプロセッサーをそなえ、無線通信や4K動画の再生に対応している。

インターネットや動画の閲覧、ドキュメントの作成や編集、プログラミング教育用のパソコンにぴったり。

今回発表されたモデルは、ヨーロッパ、北アメリカ、カナダに対応。

日本での販売開始は2021年以降を予定している。

日本での販売開始時には日本語配列キーボードや工事設計認証(いわゆる技適)にも対応する予定。

最新情報はスイッチサイエンスウェブショップの商品ページで更新される。

特徴

プロセッサー Broadcom BCM2711
quad-core Cortex-A72 (ARM v8) 64-bit SoC @ 1.8GHz
RAM 4GB LPDDR4-3200
コネクティビティー デュアルバンドIEEE 802.11b/g/n/ac wireless LAN
Bluetooth 5.0、BLE
Gigabit Ethernet
2✕USB3.0ポート、1✕USB2.0ポート
GPIO 40ピン
ディスプレイ、音声 2✕micro-HDMIポート(4K60対応)
マルチメディア H.265 (4Kp60 decode)
H264 (1080p60 decode, 1080p30 encode)
OpenGL ES 3.0 graphics
SDカード マイクロSDカードスロット(OSとストレージ用)
電源 5V/3A(USB Type-Cコネクター)
キーボード配列 UK、US、DE、FR、IT、ES(2020年11月2日現在)
※2021年以降、日本語配列にも対応予定
サイズ 286 mm × 122 mm × 23 mm