11月22・23日開催のイベント「未来の先生フォーラム2020」全103プログラムのタイムテーブルを公開

未来の先生フォーラム(旧・未来の先生展)2020実行委員会(東京都豊島区、実行委員長:宮田純也)は多領域・他分野横断型の学びの実現を目的とした、「未来の先生フォーラム2020」(2020年11月22日(日)・23日(月・祝)の2日間、完全オンラインにて開催)において当日実施されるプログラムが確定し、タイムテーブルを特設サイトにて公開した。

「未来の先生フォーラム2020」イベント概要

未来の先生フォーラムは、社会の動向を理解し、自ら学び、専門性を向上させたいと願う先生たちをはじめ、教育業界の関係者が来場し、相互に学び合う日本最大級の教育イベント。

2017年に初めて開催し、2日間でのべ3,000人以上が参加し、過去3回で1万人以上が参加した国内最大級の教育イベントである。

イベントでは、学校教育から生涯教育まで多彩な領域の教育について学べる。

2日間のイベントは、「つながる・ひろがる・うまれる」というキャッチフレーズを据えている。

イベントを通して、来場者同士が、“つながり”、その”つながり”から知識や視点が“広がり”、新たな取り組みや知識が“生まれる”場、教育のイノベーションの場でありたいという願いが込められている。

会期

2020年11月22日(日)、23日(月) 10:00-17:00(開場9:45)

会場

完全オンライン

主催

未来の先生フォーラム2020実行委員会

後援

文部科学省、経済産業省、東京都教育委員会、埼玉県教育委員会、茨城県教育委員会、神奈川県教育委員会

協賛

学校法人ISI学園 東京ビジネス外語カレッジ、株式会社イーオン、株式会社SRJ、一般社団法人キャリアアクシス研究所、国際高等専門学校、株式会社ジプロス、株式会社すららネット、ソニービジネスソリューション株式会社、株式会社トモノカイ、公益財団法人日本漢字能力検定協会、株式会社BYD、ベンキュー ジャパン株式会社、株式会社リアライズ

参加&来場者

日本全国の教員及び教育関係者そして教育に関心のある一般の人々

プログラム例(一部抜粋)

①”未来の先生フォーラム2020”開催記念対談

  • 日時:11月22日(日)14:15-15:45
  • テーマ:before・with・afterコロナの学校教育
  • 内容:未来の先生展2019からCOVID-19を経て社会と学校にあぶり出された本質とは?日本社会・学校がどのように変わり、どのように未来を築いていくのか、日本を代表するオピニオンリーダーの二人が語る。

未来の先生フォーラム2020開催を記念して、“before・with・afterコロナの学校教育”をテーマに工藤勇一氏(横浜創英中学・高等学校 校長)・出口治明氏(立命館アジア太平洋大学 学長)による記念対談が行われる。

② ”未来の先生フォーラム2020”記念セッション

コロナ時代の教育実践と教科指導・働き方改革・ EdTech・教育ICT・探究学習・フリースクールやオルタナティブスクールなど気づきやセレンディピティあふれる多岐にわたる内容が103プログラム実施される。

必ず学びが見つかる2日間となる。

プログラムタイトル抜粋

教師の働き方を考え直す/探求学習のつくり方~対話や学びを深める「答えのない問い」をつくるポイントとは?/”「Social Distanceを乗り越えて、これからの道徳授業を考える」~環境・内容・学び方を視点に~“/これからのグローバル教育のあり方を探究”Withコロナ時代、海外渡航の価値を問い直す。”/世界と共に学ぶ「混ぜる教育」とその後/ICT×Creative -GIGAスクール時代のテクノロジー活用-/ICTで社会とつながる! 夢と未来を探究する授業!/高校生・大学生が「やりたいことを見つける」ためには/数学ヒストリーツアーへの誘い~数学的活動の導入事例~/オンラインの学びの場をより有効にするファシリテーションの基本/コミュニケーションゲームの決定版「ほめゲー!」で生き抜く力を身に着けよう!/「教職員の学びを止めない」ための双方向型オンライン研修の試み/インターナショナルスクールの先生が理想とするまなびとは?/これからの時代の「高校卒就職システム」を考える/大学の大規模授業でオンラインツールを駆使しまくったら、学生の授業満足度が爆上がりした話。/ドラマケーション~ニューノーマル時代の身体遊び~/芸術と気象とを連携させた教科等横断型授業の体験(感覚的視点×科学的視点)/テストをやめて科学をしよう ~「科学と人間生活」で育むマインドセット~/withコロナ・afterコロナ時代を生きるためのセーフティネット型キャリア教育/コロナ禍に電子フォーラムを活用して世界22ヵ国・地域の学校と国際協働学習/先生と生徒のウェルビーイングを育む「ポジティブ教育」/子どもたちがしあわせになる学校〜新渡戸文化学園の授業実践/先生でなく生徒の頭と口が動く活動型英語授業/探究を「自分ごと」化する6つの問いかけ/Society5.0における学校の存在意義について考える‐online授業体験を通じて-/SDGs & クリエイティブラーニング ~「持続可能な社会の創り手」の育成に向けたカリキュラムマネジメント ~/EdTech 本当に3分の1の授業時間数で学力は保証されるのか/これからの時代に必要なキャリア教育/これなら分かる,上手くいく 小学校の理科実験/「公共」によって、公民科教育は変わるのか。公立高校での実践から/国際バカロレアの未来/”フィンランドから考える「チームとしての学校のあり方」/小学生がプログラミングで地域と身体を拡張する!? ~MESHを活用した未来の授業づくりを考えよう~/ EdTechが誘う自己調整学習とアクティブラーニングの世界/「普通教育機会確保法」が日本の教育を変える、変えている~立法経過、法律解説、変化の実例をレポートします/フリースクール未来フェスティバル/プログラミング教育映画を使った授業~ビジョナリー・ラーニング/コロナ禍における不登校とオンラインフリースクールの可能性/ “広島県立大崎海星 × 福島県立ふたば未来学園-「地域」と「学校」の協働から共創へ 「開かれた学校」の最前線-“/自己肯定感から考える、先生自身のメンタルケア・プログラム(ダイジェスト版) など多数

参加申込みについて

当日の参加申し込みは未来の先生フォーラム2020特設サイト内のページより可能。

参加費

前売券 1,500円 / 当日券 2,500円 ※システムの都合上、一般や学生などの区分はない。

未来の先生オンデマンドを開設。公開されたプログラムの一部を録画・配信

クレジットカード決済での申込者に限り、未来の先生フォーラム2020で公開されたプログラムの一部録画・配信するサービス“未来の先生オンデマンド”にて後日、見逃したセッションの視聴が可能になる。

視聴可能なセッションはこちらから確認ができる。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。