北海道愛別町と秀英予備校、町内の中学生に対する学習サポートの協定を締結

北海道愛別町と株式会社秀英予備校は、愛別町内の希望する中学生に対し、より質の高い補充学習を提供するため、学習サポートの推進に関する協定を締結したことを発表した。

北海道愛別町と株式会社秀英予備校の協定概要

協定の目的

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う中学校の臨時休校により学習に不安を感じている生徒に対し、秀英予備校が有するオリジナルの映像授業及びオリジナルテキストを活用した、学校教育を補充する学習指導を行うことで、学習機会の充実及び学力の定着を図ることを目的としている。

協定の内容

休校により学力に不安を感じている生徒に対する補充学習をより充実した内容にするために、愛別町と連携し、秀英予備校が作成したオリジナルの映像授業及びテキストを提供する。

  • 指導教科:数学、英語、国語
  • 映像授業:3学年×3教科(DVD提供)
  • テキスト:3学年×3教科

対象生徒

参加を希望する中学生

指導時期・回数

2020年11月から2021年2月までの隔週平日1回(全8回)。初回は11月5日(木)。

指導教科

  • 英語6回分、数学6回分、国語4回分の復習単元
  • 1日2時限×8日で全16回

指導方法

  • 学年ごと、授業動画をDVDで一斉視聴し、類題を演習する
  • 指導員をつけ、生徒の視聴、学習管理を行う
  • 学習内容や学習方法の質問は、質問用紙で受付、後日回答(一部その場で指導もあり)

指導スケジュール

1日あたり、英語(または国語)60分、休憩10分、数学(または国語)60分を平日の放課後に行う。