ライカーズアカデミアが株式会社スクーミーに、新体制第1弾としてオンラインクラスを一新

株式会社スクーミー(※旧株式会社ライカーズアカデミア)は、10月31日に、会社体制を一新し、さらなるサービスの向上を目指すことを発表した。

IT教育教材ブランド「スクーミー」により、『デジタル技術を活用した社会課題解決の学び』を推進し、展開していく。

その取り組みの中で、現在行っているオンラインスクールも一新され、日本初、オンラインでの地域課題・社会課題の解決をアプリケーションを開発して行うクラスを開始する。

スクーミーのオンラインスクール概要

株式会社スクーミーが手掛けるスクーミーブランドのIT教材を活用したオンラインクラスにおいて、新しいクラスを立ち上げる。

このクラスでは、社会課題を発見し、分析し、解決方法を考え、その解決方法としてアプリケーションの解決を行う。

また企業とタイアップしていきながら、机上の空論で終わらない、教科の学習だけで終わらない、アイデア出しだけで終わらない、楽しかっただけで終わらない、より本格的な社会プロジェクトを子どもたちの手で作っていく。

対象

  1. 小学生のクラス
  2. 中学生のクラス
  3. 高校生のクラス
  4. 大学生・社会人のクラス

の4クラス。

クラス開始

2021年1月に開始を予定。2020年11月12月に体験会を行う。

料金

チケット月謝制。4回分チケット1万円(税別)

参加方法

インターネットに接続したPC・タブレットから、ウェブ会議システム(ZOOM)にて参加 ※カメラで映像を写すことができる、マイクで声を送ることができることを条件としている。

このクラスで実現していく社会

自分の困りごと、身近な人の困りごと、地域社会の困りごとを発見し分析し解決することができる力を、子どもたちが身につけることができるようになるために、『新しいアプリを生み出す』ことを通じて行っていくのが新しいスクーミーのオンラインクラス。

新型コロナウイルスなどの誰も予測できない社会現象、急速なITの発達により社会や生活様式が大きく変わってきているためである。

これからの未来においてスクーミーは、『自分で解決策を考え、行動するスキル』が、五教科の基礎学力と同様、これからの社会を創る子どもたちにとって重要なスキルと考えている。

そしてこのスキルをテクノロジーを活用して、楽しく考えることができるように、子どもたちにとって一番身近なITであるアプリケーションに注目。

アプリケーションは身近にたくさんありアプリを使うことはできるが、「こんなアプリがあったら便利なのになぁ」という作ることはあまり考えられていなかった。

このクラスでは、そんなアプリの企画書を作るということを通じて、自分の考えを言語化することから、相手にわかりやすく伝える国語力、課題を発見する力、分析する力、自分が作って解決するんだという意欲を身につけると共に、新しいコンセプトやサービス、アプリを作る技術も身につけていく。

体験会について

教育出版社 株式会社増進堂・受験研究社の協力のもと、アプリアイデアコンテスト2020『スタート』を実施している。

この取り組みの中で、アプリの企画書を作る無料体験会を実施している。

また企画書の作成のあとは、開発する体験も行われる。

現段階で予定している体験会のスケジュール

  • 11月4日(水)17時~18時、18時〜19時
  • 11月5日(木) 17時~18時、18時〜19時
  • 11月9日(月) 17時~18時、18時〜19時
  • 11月14日(土)9時〜10時

▶スクーミー、全国の小中学生対象にアプリアイデアコンテスト『スタート』を開催