グロービス、2021年1月にタイでPre-MBA科目の提供を開始

グロービス(東京都千代田区、代表:堀義人)は、2021年1月にタイでPre-MBA科目の提供を開始することを発表した。

タイにおけるグローバルビジネス人材への高いニーズを踏まえ、講座は英語にて提供する。

グロービスは、タイ・バンコク市内において、経営の力を磨きたいと考えるビジネスパーソンに向けたPre-MBA科目を開講する。

講座は、ニュー・ノーマル時代の生活様式に合わせて、オンラインとリアルの場の双方を活用したハイブリッド形式で提供。

受講生は参加形式について、オンラインか会場参加かを任意で選ぶことができるため、バンコクの居住者はもちろんタイのどの地域からでも参加できる。

グロービスが積み重ねてきたオンライン教育の経験・ノウハウと最新のテクノロジーが、オンライン、リアルどちらであっても双方向的な深い学びを実現する。

初めに提供する科目は「Essentials of Marketing and Strategy(マーケティング・経営戦略基礎)」で、2021年1月16日に開講を予定している。

受講生は12週間・全6回の受講を通して、マーケティングの基本的な概念や経営戦略のフレームワークを習得。

実際のビジネスケースを使用したディスカッション中心のスタイルにより、受講者が経営者の視点で状況を分析し、問題解決を行い、意思決定の力を高めることを目指す。

教鞭をとるのは、経営に対する体系的な理解、専門分野における豊かな実務経験と知見を持つ講師。

これにより、受講生は最先端で実践的な学びを得ることが可能となる。

また受講生は、スタディセッションやセミナー、その他グロービス開催イベントへの参加を通して、タイにいながらグロービスが持つ国際的なネットワークへのアクセスが可能。

2020年11月7日には、Pre-MBA科目の内容を一部体験して頂ける体験セッションを、オンラインにて開催。

なお、グロービスでは、新型コロナウイルス感染拡大による影響を鑑み、タイ在住者のうち指定条件に当てはまる受講生に対し、受講料の3割が免除となる奨学金制度を用意している。

タイにおけるグロービスの取り組みは、2012年、バンコクでの企業研修の提供から始まった。

2018年には、グロービス英語MBAプログラムとタイのトップスクールの1つであるチュラロンコーンビジネススクールとの提携が開始された。

グロービス英語MBAプログラムは、現在の受講生も含めてこれまで計30人以上のタイ人学生に学びの機会を提供。

グロービスは、タイを海外展開の重要市場の一つとして位置づけており、今後バンコクを中心に、タイでの展開を加速させていく。

テクノロジーの進化、そして新型コロナウィルスの影響により私たちの生活や働き方は変化し、多くの企業や組織においても、これらの変化への適応が急務となっている。

グロービスは、変化を見据え将来を切り開くことのできるビジネスリーダーの育成を目指し、世界中のビジネスパーソンに実践的な学びの機会を提供できるよう、タイをはじめとする海外事業の一層の発展に努めていく。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。