小学生のためのプログラミング教室「QUREOプログラミング教室」第17回日本e-Learning大賞「総務大臣賞」を受賞

株式会社スプリックス(本部:東京都豊島区、代表取締役社長:常石 博之)は、株式会社CA Tech Kids(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野 朝大、株式会社サイバーエージェントの連結子会社)と設立した、株式会社キュレオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野 朝大)の運営する小学生のためのプログラミング教室「QUREOプログラミング教室」が、第17回日本e-Learning大賞において「総務大臣賞」を受賞したことを発表した。

国内最大のeラーニング分野のアワードである日本e-Learning大賞は、一般社団法人e-Learning Initiative Japanが主催する、企業・学校・自治体などにおいて、教育にテクノロジーを使って成果を上げた優秀な事例を表彰するアワードである。

今回、2020年10月26日(月)に発表された第17回日本e-Learning大賞において、100を超える応募事例のなかから、小学生のためのプログラミング教室「QUREOプログラミング教室」が、「総務大臣賞」を受賞した。

「QUREOプログラミング教室」は、未経験の子どもでも本格的なプログラミングの基礎を楽しく効果的に学ぶことができる小学生のためのプログラミング教室。

2020年小学校でのプログラミング教育必修化に伴い保護者からの関心や需要が高まる一方、塾や習い事教室など多くの事業者にとっては講師や教材などの指導体制を整えることが障壁となっている。

「QUREOプログラミング教室」は、それらの課題を解決するソリューションとして開発された、教室運営支援とオンライン教材のパッケージ。

2019年4月より全国の教育事業者向けにパッケージの提供を開始し、わずか1年半で全国47都道府県およびタイ、マレーシア含めて1,915教室以上で採用され、小学生を対象としたプログラミング教室において、教室数国内No.1となった(2020年10月26日時点キュレオ調べ)。

また、最近のコロナ禍においては、eラーニング教材の強みを活かし、生徒が自宅で受講できるオンライン授業をいち早く展開し、500教室以上が対応。

そうした事例が評価され今回の受賞に至ったことを受け止め、今後も全国各地の教育事業者、ひいては多くの子どもたちのプログラミング学習に寄与できるよう積極的な展開を行っていく。