プログラミング学習ができるパズルゲーム 「ロジカルニュートン ガリレオの鉄球」が10月24日に発売

株式会社ハナヤマ(本社:東京都千代田区/代表取締役:小林 邦広)は、賢くなるパズルゲームロジカルニュートンシリーズの新作「ロジカルニュートン ガリレオの鉄球」を2020年10月24日に発売することを発表した。

「ロジカルニュートン ガリレオの鉄球」概要

「ロジカルニュートン ガリレオの鉄球」は、天文学の父、近代科学の父といわれるガリレオ・ガリレイが1589年に行ったと言われる、ピサの斜塔から質量の異なる球を落下させる実験をモチーフにしたパズルゲーム。

問題カードを本体に入れ、指定された場所に3種類の長さのバーを差しこみ、スタート位置に球を置いてレバーを倒し、球を落とすが、そのままでは球は指定された位置には落ちない。

球が正解の位置に落ちるように、バーを追加。

球の行方を決めるバーは、止まっている球を動かしたり、途中でせき止めたりといくつかの使い方があるので、色々な方法を考えて試す必要がある。

40問の問題カード(5段階の難易度)で楽しむことができる。

価格

2,980円(税別)

発売日

2020年10月24日

監修・推薦

ロジカルニュートンシリーズについて

「ロジカルニュートン」は、プログラミング教育に合わせ、遊びながらプログラミング的思考力やひらめき力を身につけることを目指すパズルシリーズとしてスタート。

昨今のイエナカ需要や休校が長く続いていたことで子どもが室内で安心して楽しめる、考える力を育てるパズルとして好評。