Waffle 田中沙弥果氏と斎藤明日美氏、Forbes JAPAN誌が発表した世界を変える30歳未満30人の日本人に選出

IT分野のジェンダーギャップ を埋めることをミッションとする一般社団法人Waffle(所在地:東京都渋谷区、代表理事:田中 沙弥果、以下Waffle)は、Forbes JAPAN誌が発表した世界を変える30歳未満30人の日本人 「30 UNDER 30 JAPAN 2020」ソーシャル部門にて、Co-Founder/CEO田中沙弥果氏及びCo-Founder斎藤明日美氏が選出されたことを発表した。

▶インタビュー記事「日本のジェンダーギャップはいつ埋まる? Waffleのふたりが目指す未来 #30UNDER30

「30 UNDER 30 」について

「Forbes」US版にて2011年に始まった「30 UNDER 30」は以降毎年、アートやテクノロジー、教育、メディアなど様々なカテゴリーから各30人を選出する「Forbes」の名物企画で、米国や欧州、アジアなどで実施されている。

過去には、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ、ヒップホップアーティストで初めてピューリッツァー賞を受賞したケンドリック・ラマーなど、各界の歴史に残る人物を選出。

日本人としては、アジア版「30 UNDER 30」で、サッカー選手の香川真司やフィギュアスケート選手の羽生結弦が選出されている。

Waffleの取り組みについて

Waffleは、IT分野のジェンダーギャップ を埋めるために、女子中高生向けIT教育及び政策提言を実施している非営利法人。

これまで女子学生に400名にダイレクト・リーチし、社会人を対象に800名に普及してきた。

今年9月には東京都女性ベンチャー成長促進事業 APT Womenに採択されている。

Waffle Camp

Waffle Camp(ワッフル・キャンプ)は「これからのITをカラフルにする女の子たちへ」をコンセプトに、女子中高生向けのウェブサイト開発のスキルとプログラミング学習コミュニティを提供するオンライン・プログラム。

プログラムの提供内容は、事前学習、オンラインでのインタラクティブな1日教室、そして2週間の事後学習とともに、キャリアをイメージできるロールモデルとの対話を組み合わせており、女子中高生のIT分野への進路選択も支援している。

過去作品

参加者が生徒会で使うために作成したウェブサイト

参加者が生徒会で使うために作成したウェブサイト

参加者が数学が苦手な妹のために作成したウェブサイト

参加者が数学が苦手な妹のために作成したウェブサイト

学生の声

htmlは学校でも一年生の時の情報の授業で基本操作を習い、見本の通りに作りなさいといった感じであまり楽しさというのを感じることができませんでした。

でも、今回のキャンプで自分が考えた内容がコードを打ち込むことでどんどん形になっていくところに面白さを感じ、自分が将来やりたいと思うことの可能性が広がるんじゃないかなととてもワクワクしました。もっとプログラミングをやってみたいという気持ちになりました。本当に、ありがとうございました。(高校生)

(キャリアトークで)色々な国を行き来されている方で様々な場所のお話を詳しく伺えたのがとても新鮮でした!

他にも英語をやることの大切さや、女性だからと言って諦めてはいけないという思いがさらに伝わってきて、私も見習って頑張りたいと思います!いつか女性差別が無くなって欲しいと私も思いながら活動しています!これからも応援しています!(中学生)

Technovation Girls 日本チーム運営

「Technovation Girls(テクノベーション・ガールズ)」は、のべ世界100ヶ国、23000人が参加する女子中高生向けアプリコンテストであり、Waffleは日本パートナーを運営している。

Technovation Girlsは、米国のSTEM教育系NPO「イリデッセント iridecent」が 2010年から主催しているコンテストで、技術力だけでなく、 ビジネスプランやピッチビデオなどが必要とされ、 総合的なアントレプレナーシップが求められるのが特徴。

Waffleは日本パートナーとして、本コンテストの日本での普及を目指している。

過去作品

学生の声

今回習得したスキルを使ってこれからもコーディングを続けたい。さらにチームで学んだそれぞれの役割や計画をしっかり立て、これからはそれぞれの意味を最大限に発揮したい。(高校生)

アプリの背景にあるビジネスやお金の回し方などを自分たちで考えることで、現実世界での経済の仕組みを理解するのにつながった。また、コードを書く時に、どのようなプログラムにしたらうまくいくのかなど、プログラミング思考を養うことができた。(高校生)

もともと進路はビジネス専攻を考えていました。今まではエンジニアリングとビジネスを切り離して考えていた。Technovationを通じて、全て繋がってることがわかったので、データサイエンス への進路を目指しています(高校生)

政策提言

(写真:橋本大臣とWaffle田中・斎藤)

2020年9月、第5次男女共同参画基本計画素案に対するパブリックコメントを内閣府男女共同参画局の橋本内閣府特命担当大臣(男女共同参画)にユース団体と共にユース提言書として提出など、政策提言を実施している。

各種イベント実施

現在、2020年11月14日から28日まで開催されるAWS主催Girls’ Tech Dayの参加者を募集している。

全国の8〜24歳の女性を対象としたオンラインイベントで、プログラミングのワークショップやIT分野で働く女性の基調講演が用意されている。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。