スクーミー、全国の小中学生対象にアプリアイデアコンテスト『スタート』を開催

株式会社ライカーズアカデミア(本社:山梨県代表取締役:塩島諒輔)は、全国の小学生・中学生を対象とした、アプリのアイデアコンテストを実施することを発表した。

コンテストの実施に伴い、オンラインでの学習会も実施する。

アプリアイデアコンテスト『スタート』概要

漢字イチモジを自分たちで決め、その文字から連想できるアプリの企画を考えて応募するコンテスト。

今年の漢字を予測しその文字で作ってみるのも良し、自分が印象に残っている文字を選んでも良し、欲しいアプリから考えてそれに関連する文字を決めるというやり方でも良しの、漢字を選ぶ着眼点と、アプリの企画力が問われるコンテストになっている。

コンテスト開催の背景

自分自身で考え、解決しようとする子どもたちを育成するために行われる。

自分の困りごと、身近な人の困りごと、地域社会の困りごとを発見し、分析し、解決することができる子どもたちの育成を、『新しいアプリを生み出す』ことを通じて行う。

AIやIT技術が発達し、様々な不便だったことが解消されてきています。『働く』ことに対しても変化が起きてきており、約10年後、2030年、小学4年生が20歳として社会に出る頃には、その65%は、現在まだ存在していない職業に就くと言われている(アメリカ合衆国労働省の調査)。

新型コロナウイルスなどの誰も予測できない社会現象、急速なITの発達により社会や生活様式が大きく変わってきているためだ。

ライカーズアカデミアはこれからの未来において『自分で解決策を考え、行動するスキル』が、五教科の基礎学力と同様、これからの社会を創る子どもたちにとって重要なスキルと考えている。

そしてこのスキルをテクノロジーを活用して、楽しく考えることができるように、子どもたちにとって一番身近なITであるアプリケーションに注目。

アプリケーションは身近にたくさんありアプリを使うことはできるが「こんなアプリがあったら便利なのになぁ」という作ることはあまり考えられてきていない。

今回は、そんなアプリの企画書を作るということを通じて、自分の考えを言語化することから、相手にわかりやすく伝える国語力、課題を発見する力、分析する力、自分が作って解決するんだという意欲を評価するコンテストを行う。

募集期間

2020年11月2日(月)〜2020年12月1日(火)

結果発表日(予定)

2020年12月14日(月)

※スクーミーのWebページ(専用サイト)で公開予定。当選者には順次メールが送信される。

勉強会(&説明会)について

説明会に参加しなくても、応募することはできるが、アプリの企画を作ることは、これから社会で活躍する人材になる上で必要なスキルを身につけることもできる。

参加費

無料

準備が必要なツール

カメラ、マイクが使用できるPC、もしくはタブレット、スマートフォン・ZOOMが使用できるインターネット環境・筆記用具とノート

勉強会スケジュール

  • 10月31日(土)10時~11時
  • 11月5日(木)17時~18時
  • 11月17日(火)20時~21時
  • 11月27日(金)18時~19時

勉強会や申込などの詳細についてはスクーミーのWebページを参照。

主催

SchooMy(株式会社スクーミー)

協力企業

増進堂・受験研究社 ※協力企業には賞を用意してもらう。今後増える可能性あり。