渋谷区立長谷戸小学校とTechAcademyジュニア、EdTech導入補助金を活用しプログラミングで次世代型教育の実現を目指す取り組みを開始

全国に教室を展開する小・中・高生を対象としたプログラミング教室「TechAcademyジュニア(テックアカデミージュニア)」を運営するキラメックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:樋口 隆広)は、渋谷区立長谷戸小学校(東京都渋谷区、以下「長谷戸小学校」)とEdTech導入補助金を活用した取り組みを2020年10月20日から開始することを発表した。

TechAcademyジュニアと長谷戸小学校の取り組み概要

背景

長谷戸小学校は2019年度、東京都教職員研修センター教育課題研究「プログラミング教育」研究協力校の指定を受け、STEAM教育(※)に注力している。

2020年度より小学校でのプログラミング教育必修化が始まったが、長谷戸小学校はそれ以前から生徒1人に対してタブレット1台を貸与し、授業で当たり前のように活用したり、理科の基礎知識を活かしてロボット制作を行なったり、教員のプログラミング研修を実施するなど、全国の小学校の中でもいち早く次世代型授業の実現に向けた取り組みを行っている。

子どもたちには「先進的な技術に対して受け身で翻弄されるのではなく『自分の強み』を見つけて、社会を作り出す側として、この未来を生きていってほしい」、という学校の想いを実現させるため、実践的なプログラミング教育を行う「TechAcademyジュニア」の導入を決定した。

※STEAM教育とは:科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)。アート(Art)、数学(Mathematics)の5つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念。 知る(探究)とつくる(創造)のサイクルを生み出す、分野横断的な学びのことを指す。( 「STEAM JAPAN」公式HPより)

実施内容

長谷戸小学校とTechAcademyジュニアの共同の取り組みとして、放課後の長谷戸小学校のパソコン教室を活用し、希望する生徒にプログラミング教育の機会を提供(1時間程度/週)。

生徒はTechAcademyジュニアでプログラミング言語「Scratch」※を習得し、プログラミングの考え方を学ぶ。

そして基礎的な学習の後は、未来の自分を想像し、数年後の自分へ向けたデジタルメッセージカードを作成するというオリジナル課題にも挑戦。

2020年12月中旬に、学校で生徒の作品を発表する予定。この取り組みはEdTech導入補助金を活用して実施されている。

プログラミング言語「Scratch」について

「Scratch」とはマサチューセッツ工科大学MITメディアラボのライフロング・キンダーガーテン・グループが設計、開発、維持をおこなっているプログラミング学習ソフト。

Scratchはビジュアルプログラミング言語と呼ばれており、難しいプログラミング言語・正しい構文の書き方を覚えていなくても、簡単にプログラムを開発できるプログラミング学習用ソフト。

子どもたちがゲームやアニメーション、アートをプログラミングしていくことで創造を楽しめるツールとなっている。

また、ただ楽しむだけではなく、プログラミングの本質である「系統立てて、論理的に考える力」 が自然と身につくように設計されている。

対象

長谷戸小学校の3年生〜6年生の希望者

期間

2020年10月20日〜2020年12月15日

TechAcademyジュニアと長谷戸小学校が目指すこと

長谷戸小学校には「STEAM教育において都内最先端の教育活動を展開する」という想いがある。

プログラミング学習の機会を提供することで、生徒たちが「自分の強み」を見つけ、社会を作る側の人間に成長できるように、TechAcademyジュニアと共同で取り組んでいく。

今後もTechAcademyジュニアでは、プログラミング学習に意欲のある子どもたちに教育の機会を作りたいと考えている教育機関等に対し、サービスの提供を行う。

さらに、プログラミング教育の入門コンテンツであるScratchを習得して、より本格的な自主学習を希望する子どもたち向けには、より実践的な学習機会の提供を行う予定。

長谷戸小学校副校長 望月伸司氏のコメント

この度、Edtech導入補助金の導入を受け、「プログラミング教育」という共通の目標のもと、公立小学校である本校が民間企業であるキラメックス株式会社様とタッグを組めたこと、大変心強く思っております。

「放課後の学校の教室で、プロ講師を迎えて、プログラミング教室が実施される」という取り組みは、子どもたちにとっても保護者の皆様にとっても大変魅力的なニュースであり、予想をはるかに上回る反響と受講応募がありました。

子どもたちには、「TechAcademyジュニア」を通して、プログラミングの楽しさ、作り手に回ることへの楽しさを存分に味わってほしいと思います。

EdTech導入補助金とは

EdTechソフトやITを活用した教育サービスを学校などに導入実証する事業者に、導入費用の一部を補助する制度。

学校や自治体の教育委員会などの費用負担を軽減してEdTechを導入しやすくし、教育のイノベーションにつなげることを目的としている。

TechAcademyジュニアでは、EdTech導入補助金の実証校・自治体を募集している。

学校や自治体が当社を通して申請し、補助金交付対象に選ばれた場合に、事業費等として必要な経費の一部が補助されTechAcademyジュニアを導入・活用いただくことが可能になる。

※補助金の交付決定額が予算総額を上回った場合は、その時点で終了。ただし、予算の執行状況によっては、追加の公募を行う場合もあり。