明治大学がナショナル ジオグラフィック・環境省・東京都・J:COMと連携、『ナショジオ オープンキャンパスオンライン校~明治大学編~』を開催

学校法人明治大学(以下明治大学、東京都千代田区)は今回、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)が運営するナショナル ジオグラフィック(ナショジオ)、環境省(本庁:東京都千代田区)、東京都(本庁:東京都新宿区)、株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区)、株式会社ジェイコム東京(本社:東京都練馬区)と協力して、『ナショジオ オープンキャンパス オンライン校~明治大学編~』を、11月28日(土)に開催することを発表した。

開催にあたり、参加推奨小学生~高校生までの親子1,000組を募集している。

『ナショジオ オープンキャンパス オンライン校~明治大学編~』開催概要

”ナショジオ オープンキャンパス”とは、ココリコ田中直樹氏をナビゲーターとして迎え、企業や行政、大学と連携した環境保護を推進するSDGsプロジェクト。

親子参加型のイベントや、絶滅危惧種の動物をテーマにした本の出版、本の学校への寄贈、環境や宇宙をテーマにしたミニ番組の制作や放送など、地域の親子教育を支える取り組みを進めている。

2015年からスタートし、30都市以上で実施。2019年には、”ナショジオ オープンキャンパス~明日の地球を守るプロジェクト~”を新たにスタートさせ、FOXネットワークス、J:COM、ジェイコム東京、東京都で2050 年に CO2 実質ゼロに貢献する「『ゼロエミッション東京』実現に向けた包括連携協定」を締結するなど、更に積極的に取り組みを推進している。

今回明治大学は、このプロジェクトに賛同するとともに、コロナ禍で不安を抱く高校生にとっても、ユニークな形式で明治大学の研究を体感してほしいと考え、実施に至った。

イベントでは、ナショジオ オープンキャンパス ナビゲーターのココリコ田中さんを中心に、温暖化や生物多様性、海洋プラスチック問題に関するトークセッションや、参加者から田中さんやゲストへの質問コーナーを交え、環境問題や”地球の今”について、楽しみながら学べる。

さらに、動物や環境に関心が高い”百獣の王”武井壮さんをゲストに迎え、明治大学からは、理工学部・永井一清教授、農学部・小山内崇准教授が登場し、環境問題の解決の糸口となる最先端の研究について、分かりやすく解説。

また、ニュース時事能力検定とも連携し、全国の学校に通う児童や生徒に案内していく。

参加人数はなんと1,000組!参加推奨は小学生~高校生までの親子を対象としている。

なお、参加当選者は、ビデオ会議アプリZoomを利用して参加してもらう。当選者には参加方法等詳しい内容を知らされるため、Zoomを使ったことがなくても安心して参加可能。

日程

2020年11月28日(土)15:00開始(14:00受付、16:30頃終了予定)

参加人数

1,000組

応募期間

2020年10月15日(木)~2020年11月8日(日)まで

参加推奨

小学生~高校生までの親子でZoomが利用できる環境の人

当選連絡

当選者には追ってメールにて通知。当選通知の際に当選者に対しZoomのURLを送り、指定した日時にアクセスの上、オンラインイベントに参加してもらう。