テレビ東京とSchooが共同事業を開始、10月26日からライブ配信番組とオンラインコミュニティを活用する経済学習サービスを提供

株式会社テレビ東京コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大島 信彦、以下:TXCOM)と社会人向けオンライン生放送学習サービス『Schoo』を運営する株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 健志郎、以下:スクー)は経済と学びを掛け合わせたブランド・コミュニティ開発に向けた共同事業を開始することを発表した。

第一弾施策として、

  1. 毎週放送するライブ配信番組『ギモンの法則 -不確かな未来を経済でひらく-』を『Schoo』でライブ配信
  2. 番組と連動したオンラインコミュニティ

の2つを開始する。

TXCOMの動画配信ビジネス・デジタルコンテンツの開発・運営力と、スクーの双方向性を活用した学習開発ノウハウを掛け合わせ、20代・30代のビジネスパーソンに向け、経済学習サービスを提供していく。

今後はこのブランド・コミュニティによる新たなビジネスの創出を想定しているという。

TXCOMとスクーのブランド・コミュニティ開発事業の概要

開始の背景

これから、第5世代移動通信システム「5G」によって、消費者の接触媒体はライブ配信など多様化し、今まで以上に大量な情報のやりとりが行えるようになっていく。

これまで「わかりやすくて面白い」だった一方向の情報提供は、今後より双方向性がプラスされることにより、価値が変化していくことが予想される。

また、経済情報の取得は、デジタル化やモバイルへのシフトの流れから、メディアだけでなく誰もが発信する時代のため、これまでの速報性が重視される時代から、これからは視聴者と対話しながらコンテンツを提供していくトレンドとなっている。

そこで、テレビ東京及びBSテレビ東京のコンテンツを活用した動画配信ビジネス、デジタルコンテンツの開発・運営など、各種媒体へわかりやすいコンテンツを提供するノウハウ・ネットワークを保有するTXCOMと、受講生(学び手)同士がコミュニケーションを通じて学びを深めるコミュニティを運営してきたスクーの知見を掛け合わせて、「双方向性で共創する時代を捉えた学びブランドの構築」を立ち上げる共同事業を実施することとなった。

第一弾は「ライブ配信番組」と、番組と連動した「オンラインコミュニティ」を開始。

ライブ配信番組での学びをオンラインコミュニティで深め、オンラインコミュニティで生まれた学びを再びライブ配信番組でのコミュニケーションへと循環させることで、経済と学びを掛け合わせた新しいサービスの提供を目指す。

ライブ配信番組「〜みんなの“なぜ?”を経済の法則で紐解き、自分だけの未来をひらく〜」

  • キャリアの分岐点でモヤモヤしているビジネスパーソンが、経済を学ぶことで、自分だけの未来を歩めるようになる授業。
  • いま気になる疑問に、経済のプロが経済用語と普遍の法則とともにわかりやすく解説。
  • ビジネストレンドについて、各業界のトップランナーがゲスト出演して解説。
  • チャットで参加する受講生とともに「学び手」として声優・漫画家の徳井青空さんが出演し真剣受講。受講生同士のコミュニケーションが生まれる。
  • ライブ配信中の受講生から寄せられるチャットコメントを参考に、徳井さんと講師がやりとりすることで、「わからない」を出来る限り解消する。

放送日時

初回は10月26日(月)21時から22時。第2回以降、毎週水曜20時から21時予定。

形式

『Schoo』での生放送

料金

無料。『Schoo』に会員登録するとライブ配信は無料で視聴可能。ただしアーカイブの視聴にはプレミアム会員登録(月額税込980円〜)が必要。

※ オンラインコミュニティに未入会でも視聴は可能だが、コミュニティに参加していると予習・復習・実践ができ、ライブ配信番組の学びがより深まり定着に繋がるため、入会が推奨されている。

テーマ一覧

  • 第1回 :10月26日(月)21時〜 なぜ私たちは働きすぎるのか?
  • 第2回 :11月 4日(水)20時〜 なぜ同僚のアイツは出世するのか?
  • 第3回 :11月11日(水)20時〜 なぜコンビニのヒット商品は生まれるのか?
  • 第4回 :11月18日(水)20時〜 なぜあの会社は儲かっているのか?
  • 第5回 :11月25日(水)20時〜 なぜ、業界2位じゃダメなんですか?
  • 第6回 :12月 2日(水)20時〜 なぜ「転売ヤー」は儲からないのか?
  • 第7回 :12月 9日(水)20時〜 なぜ会社は変われないのか?
  • 第8回 :12月16日(水)20時〜 なぜネット上は「極端な人」ばかりいるのか?
  • 第9回 :12月23日(水)20時〜 なぜ会社は売上を伸ばし続ける必要があるのか?
  • 第10回:12月30日(水)20時〜 なぜ日本から巨大IT企業が生まれないのか?

※テーマは予告なく変更となる場合あり。

学び手

徳井 青空(とくい・そら)/声優・漫画家

千葉県出身。 主な出演作は「探偵オペラ ミルキィホームズ」譲崎ネロ役、「ラブライブ!」矢澤にこ役、「ご注文はうさぎですか?」マヤ役など。 漫画家としては「まけるな!!あくのぐんだん!」(全2巻)を連載。TVアニメ化も果たした。また、2018年12月には絵本「パンダの推しごと!」を発売。 その他にも、千葉県南房総市観光大使を務めるなど、声優・漫画家としてだけでなく、幅広く活動している。

担当講師(抜粋・50音順)

石田 健(いしだ・けん)/ニュース解説者・The HEADLINE編集長

大学院での研究生活を経て、2015年には創業した会社を東証一部上場企業に売却。 現在は個人としてYouTubeでニュース解説をおこなっている他、エンジェル投資家としても10社程度に投資中。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程(政治学)修了。

坂口 孝則(さかぐち・たかのり)/経営コンサルタント

大学卒業後、メーカーの調達部門に配属される。 調達・購買、原価企画を担当。 バイヤーとして担当したのは200社以上。 コスト削減、原価、仕入れ等の専門家としてテレビ、ラジオ等でも活躍。 企業での講演も行う。 著書に『調達力・購買力の基礎を身につける本』『調達・購買実践塾』『だったら、世界一の購買部をつくってみろ!』『The調達・仕入れの基本帳77』(ともに日刊工業新聞社刊)『牛丼一杯の儲けは9円』『営業と詐欺のあいだ』(ともに幻冬舎刊)など30冊を超える。

山口真一(やまぐち・しんいち)/国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授

1986年生まれ。博士(経済学・慶應義塾大学)。2020年より現職。専門は計量経済学。研究分野は、ネットメディア論、情報経済論、データ利活用戦略等。「あさイチ」「ニュースウォッチ9」「クローズアップ現代+」(NHK)や「日本経済新聞」をはじめとして、メディアにも多数出演・掲載。組織学会高宮賞、情報通信学会論文賞(2回)、電気通信普及財団賞、紀伊國屋じんぶん大賞を受賞。主な著作に『正義を振りかざす「極端な人」の正体』(光文社)、『なぜ、それは儲かるのか』(草思社)、『炎上とクチコミの経済学』(朝日新聞出版)などがある。他に、東京大学客員連携研究員、日本リスクコミュニケーション協会理事、シエンプレ株式会社顧問、海洋研究開発機構(JAMSTEC)アドバイザー、グリー株式会社アドバイザリーボード、東洋英和女学院大学非常勤講師などを務める。

渡辺 広明(わたなべ・ひろあき)/流通アナリスト・流通ジャーナリスト・マーケティングアナリスト

コンビニエンスストアの株式会社ローソンに22年間勤務し 店長・スーパーバイザーを経て、約16年間バイヤーを経験。 日用品を中心に、多種メーカーと約730品目の商品開発に携わる。 その後メーカーでの商品開発・営業・マーケティング・海外進出事業を歴任。現在は(株)やらまいかマーケティング代表取締役として、顧問・コンサルや多数の講演を実施。フジテレビ LiveNewsαのレギュラーコメンテーター、Yahooニュースのオーサーとして執筆も。NPO活動ではラオス人民民主共和国にノンサワン小学校を建設。 (民間団体と連携して、現在も支援継続中) 並行して、ガーナ共和国の子供たちの支援活動に参画。 2018年度 静岡県浜松市やらまいか大使 就任。

※その他、ビジネスのトップランナーもゲスト出演予定。

進行役(アナウンサー)

徳田葵(とくだ・あおい)/株式会社Schoo 受講生代表

オンラインコミュニティについて

〜受講生同士が学びながら経済の理解を深める学習コミュニティ〜

オンラインコミュニティの3つの特徴

  1. 一方的な情報の提供・受信ではなく、受講生同士が経済について理解を深めることができる。
  2. チャットグループで予習・復習・実践などの様々なアウトプットを予定。
  3. 講師と受講生との交流ができる。より深い議論や、オープンな場では質問しづらいことも気軽に対話できる場となり、より深い学びを実現。

オンラインコミュニティ名称

経済を学んで不確かな未来をひらける『ギモンの法則サロン』

価格

税込9,800円/月(2020年10月度は無料) ※内容は予告なく変更となる場合あり。