オンライン金融教育のABCashが総額約9.5億円を資金調達、オンライン化で全国展開

株式会社ABCash Technologies(エービーキャッシュテクノロジーズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:児玉隆洋)は、株式会社エイブル&パートナーズ、株式会社クレディセゾンのコーポレートベンチャーキャピタルである株式会社セゾン・ベンチャーズ、三菱UFJキャピタル株式会社、SV-FINTECH Fundを引受先とした第三者割当増資および融資にて新たにセカンドクローズとして資金を調達し、シリーズBラウンドの累計調達額を約9.5億円でクローズしたことを発表した。

今回の資金調達は、オンライン学習プログラムを加速させるテクノロジーへ投資するとともに、採用とブランディングの強化を目的としたもの。

ABCash Technologiesは、2018年6月にサービスを開始。

オンラインと都内6拠点(渋谷・表参道・銀座・丸の内・池袋・新宿)にて、ミレニアル世代の女性を中心に、中立的な金融教育を提供している。

グローバルな視点からみて金融教育が遅れている日本。中立性から軸足をぶらさずに、金融教育を日本の義務教育にいれるべく取り組んでいく。

シリーズBラウンドの第三者割当増資引受先

  • 日本郵政キャピタル株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:小塚健一)
  • SV-FINTECH Fund(東京都渋谷区、代表:鈴木陽三)
  • SMBCベンチャーキャピタル株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:野田浩一)
  • リード・キャピタル・マネージメント株式会社(東京都港区、代表取締役社長:谷本徹)
  • 株式会社iSGSインベストメントワークス(東京都港区、代表取締役社長:五嶋一人)
  • みずほキャピタル株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:大町祐輔)
  • 株式会社エイブル&パートナーズ(東京都港区、代表取締役会長兼社長:佐藤茂)
  • 株式会社セゾン・ベンチャーズ(東京都豊島区、代表取締役社長:三浦義昭)
  • 三菱UFJキャピタル株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:坂本信介)