学研キッズネット、学習まんがで楽しく学べる「SDGs」の教育に役立つ特集ページを公開

学研プラスと日本創発グループの合弁会社、株式会社ワン・パブリッシング(東京都台東区/代表取締役社長:廣瀬有二)が運営する小学生・中学生のためのコンテンツポータルサイト『学研キッズネット』は、2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」である「SDGs」の教育に役立つ特集ページを公開したことを発表した。

『学研キッズネット』SDGs特集ページの概要

学習まんがで楽しく「SDGs」を学べる!

SDGs(エスディージーズ)とは、経済、社会、自然環境などの問題に向き合うために、国連が2015年に打ち出した「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」の通称。2030年までに達成すべき17のゴール・169のターゲットがあり、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っている。

学校で使用する教科書や資料集でも「SDGs」を取り上げており、子どもたちが学ぶ機会も増えてきた。

そこで、「学研キッズネット」では、「SDGs」について子どもたちに楽しく学んでもらうべく、今年7月に学習まんが「地球防衛隊SDGs」(奈良裕己 著)をスタート。

《まんが本編》と、写真や資料で深く学べる《解説編》を交互に連載している(毎週木曜日に更新)。

「地球防衛隊SDGs」は、普段の暮らしの中で起こる出来事を取り上げているので、子どもたちが当事者意識を持ってSDGsについて考え、学ぶことができます。

その「地球防衛隊SDGs」を中心とした、特集ページを10月6日に公開。今後、この特集ページにSDGs関連記事が追加される。

「地球防衛隊SDGs」は、普段の暮らしの中で起こる出来事を取り上げているので、子どもたちが当事者意識を持ってSDGsについて考え、学ぶことができる。

特別編「JICA地球ひろばへ行ってみよう!」

まんがの主人公たちが「地球ひろば」のSDGs関連の展示などを見学します。

特集ページのスペシャルコンテンツとして、「地球防衛隊SDGs」の特別編を公開。

独立行政法人国際協力機構・JICAが、世界が直面する様々な課題や、開発途上国とのつながりを体感できる場、そして、国際協力を行う団体向けサービスを提供する拠点となることを目指して設立した施設「地球ひろば」について、まんがで紹介する。

保護者向け元 麹町中学校・工藤勇一校長先生の特別インタビュー

宿題や固定担任制廃止ほか“学校の当たり前”をやめ、子どもの自律を重視した教育改革に取り組んだ工藤勇一校長先生。先生の教育論はSDGsの考え方と共通する部分があります。

保護者・先生に向け、学習まんが「地球防衛隊SDGs」を通して子どもたちに学んでもらいたいことを伝えるページも用意。

革新的な教育で知られる元 麹町中学校・工藤勇一校長先生が、SDGsの本質を理解するうえで欠かせない「当事者意識を持つこと」「意見が異なる人と対話をしていくこと」の重要性などについて語ったインタビューを掲載している。

『学研キッズネット』について

​最盛期には670万部の部数を誇った学年誌『科学』と『学習』から派生して1996年にローンチ。

当時としては先進的な「子ども向けのオンライン教育コンテンツサイト」として学校教育の現場でも重宝されてきた。

主なコンテンツは、科学の疑問を解決する「科学なぜなに110番」や、子どもたちの将来のキャリアをサポートする「未来の仕事を探せ」、日本中で見学できる工場をガイドする「全国工場見学ナビ」、そして、2000年前後から急激にトラフィックを集め出した「自由研究プロジェクト」。20年以上に渡り、自由研究の「考えるヒント」を子どもたちに与える唯一無二のサイトとして運営してきた。

  • アクセス数:650万PV/月平均(7、8月は1000~2000万PV)
  • 子どもユーザー層(会員データより)
    • 学年比:小学生(52.2%)、中学生(42.7%)、その他(5.1%)
    • 男女比:男子(49.2%)、女子(50.8%)
    • デバイス比:スマートフォン(58.8%)、パソコン(28.5%)、タブレット(12.7%)
  • 保護者ユーザー層(アナリティクスデータより)
    • 年齢比:18-24歳(18.2%)、25-34歳(24.7%)、35-44歳(37.7%)、45歳以上(19.4%)
    • 男女比:男性(42.4%)、女性(57.6%)
    • 業種別閲覧データ:教育機関(48.7%)、公共機関(37.4%)、情報通信(9.5%)ほか

ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。