兵庫県丹波市小学校、プロスタキッズの「プログラミング動画教材」を導入

株式会社ミスターフュージョン(代表取締役社長:石嶋洋平 本社:東京都港区)が運営する、小学生プログラミング教室「プロスタキッズ」の動画教材が2020年度から小学校でのプログラミング教育必修化に伴い、本年度2学期から小学校教育に採用されたことを発表した。

プロスタキッズは、品川に本部を構え、全国にフランチャイズ展開している。

小学生から中学生を対象に、子どもに大人気のマインクラフトの世界でプログラミングを学習することができる「MakeCodeプログラミングコース」、また、本年度よりプログラミング小学校必修化に伴い、小学校の新学習指導要領の内容を取り入れ、勉強がどんどん好きになる「STEAM教育コース」の2コースを展開している。

新たにスタートした「STEAM教育コース」は、新学習指導要領のA分類、B分類、C分類対応の教材となっており、プログラミングツールである「Scratch」「micro:bit」「Viscuit」「アンプラグド」を用いて、クイズ番組のように問題を出したり、プログラミング的思考や答えを自ら導く方法を学べるカリキュラム設計になっている。

兵庫県丹波市小学校9校に採用

今回、兵庫県丹波市立の小学校9校にプロスタキッズの授業で使用しているプログラミング動画教材を学校の授業で取り入れてもらうことが決定。

なかなか5,6年生しかプログラミング教育を実施できない自治体が多い中、丹波市は全学年対象で、プログラミング教育を進めている。

丹波市教育委員会では丹波市プログラミング教育プロジェクトチームを立ち上げ教育の情報化に取り組んでいる。

全小学校に最大学級児童数分のPCを配備し、子供たちがプログラミング教育を学ぶ上での環境が整っている。

整った環境で、プロスタキッズのプログラミング動画教材を活用してもらい、プログラミングの理解を深めてもらう予定。

教育委員会採用の経緯と目的

本年度コロナウイルス感染が世界中に広まっている中で、学校教育の一時停止、子供たちの学べる環境がなくなってきていた。

なかなか授業を進めることができない、時間がないなど、子供たちの知識が止まったままになっている。

また、先生からの声として「プログラミングの知識が不足していて、指導が難しい」など不安な声を多数寄せられていた。

そこで、ミスターフュージョン代表石嶋氏はプロスタキッズ「STEAM教育コース」で使用している教材を公教育に展開できないかと考え、5月より「小学校の先生応援プロジェクト プログラミング動画教材100校無料キャンペーン」を開始。

ミスターフュージョンの「STEAM教育コース」の教材は、新学習指導要領の内容を取り入れながら、各教科の学びを進化させることができる。

プログラミングを学ぶのではなくプログラミングを通して「設計する力・プログラミング的思考」を身につけることができるのだ。

小学校の先生応援プロジェクト 300校無料キャンペーン 概要

無料期限

本年度限り(2020年3月)

提供商品

プログラミング動画教材、LMS※(プロスタキッズONLINE)

LMS:生徒の情報を一括管理でき、教材もこちらで管理することができるツール

対象

全国の小学校

対象学年

各小学校ごとに選択可

無料枠

100校⇒300校

現在好評につき300校まで枠を増やして本年度限り無料で案内中。

提供方法

DVD提供、アカウント

ライセンス

  • プログラミング動画教材 学校フリーライセンス
  • LMS(プロスタキッズONLINE) ユーザーライセンス

教材内容

新学習指導要領のA分類、B分類、C分類対応の教材

※各小学校ごとに印刷、記載のミスターフュージョンのFAX宛に送信。