障害福祉分野に特化した就職・転職支援サービス「LITALICOキャリア」求人件数5,000件を突破

「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、証券コード:6187)の子会社である株式会社LITALICOメディア&ソリューションズが運営する障害福祉分野に特化した就職・転職支援サービス「LITALICOキャリア」は、取り扱い求人件数が5,000件を突破したことを発表した。

2019年2月からサービス提供を開始、年々求人件数は増えており、依然として障害福祉分野は人手不足の状況にあるという。

「LITALICOキャリア」はこれからも、障害福祉分野で働くことの魅力を発信しながら、業界内外からの仲間を増やすことで、障害福祉業界全体活性化へ貢献していく。

障害福祉サービス概況

利用者数と施設数の推移・従事者について

国内で障害のある人の数は、年々増加傾向にある。

それに伴い、国が提供する障害福祉サービス(居宅介護・就労支援サービスや児童発達支援・放課後等デイサービスなど)の利用者数は118.3万人、施設数も78,968(※厚生労働省(2018)「社会福祉施設等調査」、国民健康保険団体連合会より推計)と年々増加傾向にあり、障害のある人の生活を支える重要な社会資源となっている。

障害福祉サービスの従事者はおよそ80万人(※厚生労働省(2018)「社会福祉施設等調査」より推計)いるが、施設数の増加に伴い、深刻な人手不足の課題を抱える事業所も少なくない。

障害福祉分野の人材市場は「仕事の大変さ」や「給料の低さ」といったイメージも根強く、業界外の人材が入りにくい状況である。

より質の高いサービスを利用者に提供するために、保育分野などの周辺領域や他業界から多様な人材を業界に呼び込み、活躍につなげていくことが重要と考えられる。

「LITALICOキャリア」のサービス概要と特色について

1.求職者目線に沿った豊富な求人情報でミスマッチを解消

「LITALICOキャリア」が会員向けに行ったアンケート調査※によると、「仕事を選ぶ際に大切にしていること」は、約60%が「経営者の理念や事業所方針」を、約80%が「職場の雰囲気・人間関係」と回答していた。

そのため、求人情報ページでは、事業所の理念や支援方針、職場の雰囲気なども写真を多用し紹介することで、入職後のギャップやミスマッチの解消に役立っているという。

※対象者:「LITALICOキャリア」会員へのメールからアンケートフォームにて回答した、保育士資格を持つ55名 調査期間:2020年7月13日~7月18日

2.求人掲載料は無料、障害福祉分野で働く情報を集約するプラットフォームに

事業所は求人を無料で掲載することができる。

求人原稿は、専任スタッフが丁寧に事業所にヒアリングをしながら作成するため、支援の特徴や設立の背景といった事業所ごとの特徴や魅力が伝わりやすい情報となっている。

3.求職者・事業所双方のニーズを満たす人材紹介サービスも展開

障害のある子どもをサポートする障害児通所施設では、施設数の増加や報酬改定により、児童発達支援管理責任者や保育士など、資格保有者の採用競争が激化している。

「LITALICOキャリア」では求人メディアに加えて人材紹介サービスを提供することで、事業所個別の採用要件に合致する人材の紹介を実現すると共に、求職者側にもキャリア観の醸成や志向に沿った求人を提案するなど、事業所と求職者双方をサポートしている。

「LITALICOキャリア」メディア事業責任者 矢島 歩氏コメント

求職者の方とお話をしていると、コロナ禍を経て働き方を見直したい、生きづらさを抱える方の支援がしたいと、異業種から障害福祉業界へ転職される方が増えていると感じます。

私たちはそうした方々の興味や期待に応えるサービスの提供を通じて、障害福祉業界のさらなる活性化へ貢献していきたいと考えています。そうすることで、エンドユーザーである障害のある方や生きづらさを感じる方達の生きやすさや自己実現に寄与していきたいと思っています。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。