厚生労働省、技能の普及啓発・職業観教育の充実を図る「One School One Skill」を開催

厚生労働省は各種技能競技大会を通じ、技能の普及啓発および職業観教育の充実を図ることを目的としたプロモーション活動「One School One Skill」を行なっている。

その活動の一環として、技能五輪全国大会・国際大会等の関係者が講師として学校を訪問し、出前講座を行うことで「ものづくりやサービスの魅力」や「働くことの大切さ」を未来を担う若者たちに伝えることを目的に実施することを発表した。

「One School One Skill」概要

日程

2020年10月16日(金)9:00〜17:00

講師

日立オートモティブシステムズ株式会社(茨城県)

  • 小室 和春さん:技能五輪全国大会 指導者
    • 第42回技能五輪国際大会 / 「ポリメカニクス」職種 エキスパート
  • 寺山昭則さん:技能五輪全国大会指導者
  • 橋本紘明さん、芦澤優知さん:技能五輪全国大会「メカトロニクス」職種選手
  • 小川真徳さん:技能五輪全国大会「メカトロニクス」職種指導者
    • 第42回技能五輪国際大会/「ポリメカニクス」職種出場
    • 第50回技能五輪全国大会/「精密機器組立て」職種金賞

会場

ポリテクカレッジ川内(九州職業能力開発大学校附属川内職業能力開発短期大学校)

当日のスケジュール

  • 9:00 開会、講師紹介、技能五輪全国大会・国際大会の紹介
  • 9:15 講師による講話:技能五輪の魅力
    • 働くことの大切さ、どうしてこの仕事を選んだか等
  • 9:30 講師による「メカトロニクス」職種の実演および技能の解説、第1課題(前半)
  • 12:00 休憩
  • 13:00 第1課題(後半)課題終了次第、学生さんによる質疑応答
  • 15:30 学生に対する実技指導
  • 16:45 感想、集合写真撮影
  • 17:00 閉会

*メカトロニクスとは、「メカニクス」(機械工学)と「エレクトロニクス」(電子工学)、情報工学、制御工学などから成る新たな技術分野。競技では1チーム2名の選手が、工場の自動生産設備を再現した装置の設計から組立、調整、プログラミング、さらには保守までを実施する。生産現場での作業を想定した、複数名での連携作業で速度と正確性を競う。

*技能五輪全国大会(2019年開催)ダイジェスト映像