フェリス女学院大学、AI チャットボット「Ferris Chat」を導入

フェリス女学院大学(横浜市泉区、学長:荒井真)は、AIチャットボット「FerrisChat」を導入したことを発表した。

これは、株式会社DTSWEST(本社:大阪市中央区)が開発したAIFAQソリューション「kotosora」を同大向けにカスタマイズしたもの。学生が窓口に出向いたり学生ポータルサイトへの問い合わせをしたりすることなく、学生生活で生じた質問や疑問を即時に解消できるようにすることを目的としている。

また、そうした学生の利便性向上に加え、窓口来訪者数を抑制して密集を回避することや、業務の効率化につながることも期待される。

フェリス女学院大学「FerrisChat」概要

導入の目的

(1)学生の利便性向上

大学から学生へのさまざまな連絡は、日常的に学生ポータルサイトを通じて行われている。

しかし日々多くの情報発信がされるため、個々の学生にとって必要な情報が埋もれてしまう可能性があることが懸念されていた。

また、窓口に学生が訪れる場合、質問の内容があいまいなことが多く、職員が学生の疑問点や困りごとについて時間をかけて聞き出しながら対応することもしばしばあった。

現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、学生一人ひとりと直接会話をすることが難しく、ポータルサイトでの質問対応も即時には回答できない状況にある。

こうした中、学生が真に必要としている情報にすぐにたどりつき、あいまいな質問であっても質問候補を選択しながら、知りたい情報を得ることができる環境の整備を目的として、フェリス女学院大学ではAIチャットボットを導入した。

(2)事務窓口の密の回避

フェリス女学院大学では9月24日から後期の授業を開始。

遠隔授業を基本としつつも、対面授業でなければ十分な効果が期待できない科目や、大学の施設を利用しないと学修できない科目については対面での授業が行われている。

対面授業の一部再開により、窓口に訪れる学生が増えることが予想されるが、AIチャットボットで手元のデバイスから即時に質問できる環境が整えられることで、窓口が密になる状態を少しでも回避できると考えられる。

(3)業務の効率化

定型の質問に対してAIチャットボットが回答し、窓口対応の件数が減ることで、教職員は本来時間をかけてじっくりと相談しなくてはならない案件を抱える学生に十分な時間をとって対応することができるようになる。

また、窓口業務の効率化によって職員が他の業務にあてる時間が増えることにもつながり、全体的な業務の効率化がすすむことが期待される。

システム概要

株式会社DTSWESTが自然言語処理を利用したAIFAQソリューション「kotosora」をフェリス女学院大学向けにカスタマイズ。

  1. キーワード入力以外にもメニュー画面より知りたい質問を選択できること
  2. 言葉のゆらぎ(日本語のさまざまな言い回し)に対応していること
  3. よくある質問がサジェスト表示されること

の3点が特長として挙げられる。

今後の運用について

「FerrisChat」に入力のあったキーワードとその回答を分析し、学生からの声もヒアリングしながら、より学生が知りたい情報にアクセスできるよう整備していく。

また、同サービス導入によって前述の導入目的が達成されたかどうかについて効果検証を行う。