日本エイサー、GIGAスクール構想に準拠した文教市場向けノートPCにMicrosoft 365 Education GIGA Promo対応の新モデルを追加

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ボブ・セン)は、11.6型ノートPC TravelMate(トラベルメイト)シリーズより、「GIGAスクール構想」における学習者用端末の標準仕様に準拠、日本マイクロソフトが提供するライセンス、Microsoft 365 Education GIGA Promo対応の新モデル、TMB311R-31-A14PGを発売することを発表した。

この製品は公立小学校・中学校の教育市場向け、10月上旬に販売を開始する。

「TMB311R-31-A14PG」概要

「TMB311R-31-A14PG」を発売する背景には、販売店で行う初期設定を含めた導入工数の多さが「GIGAスクール構想」実現に向けた学校への端末導入加速の足かせになっていることが挙げられる。

日本エイサーは、Microsoft 365 Appsプリインストール済みのMicrosoft 365 Education GIGA Promo対応モデルの販売により、販売店での初期設定などの工数を減らしスムーズな端末の導入を後押しする。

TravelMate Spin B3シリーズのTMB311R-31-A14PGは、文部科学省「GIGAスクール構想」における「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」の考え方に基づいた学習者用端末の標準仕様に準拠。

児童生徒1人1台端末の整備事業における1台当たりの補助金で導入できる販売価格を想定している。

TMB311R-31-A14PGは、セキュリティの高さと充実した機能を兼ね備えたWindows 10 Pro Educationを搭載。

11.6型、マルチタッチ対応で画面は360°回転可能。

画面を共有したり、タブレットのように使用したり、教育現場の多様なシーンに対応。

さらに、カバー付きインカメラとアウトカメラ搭載で活用シーンが広がる。

バッテリーは1回の充電で最大12時間の連続駆動が可能。

オフィスソフトのMicrosoft 365 Appsがプリインストールされている(別途ライセンス購入が必要)。

ディスプレイは耐久性に優れたCorning社製、抗菌仕様のGorilla® Glass採用。

学校での使用環境を考慮し、米国国防総省の定める基準「MIL-STD 810G」に準拠。耐衝撃、防塵など厳しい環境を想定したテストをクリアしている。

さらに、キーボードは防滴構造を採用。