つくば市とライフイズテックがEdTechを活用したICT教育事業連携に関する協定を締結、「次世代SDGsプログラミング教育」を創出

つくば市とプログラミング教育サービス事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介)は、「次世代SDGsプログラミング教育」を目指し、EdTechを活用したICT教育事業連携に関する協定を2020年10月6日に締結したことを発表した。

また、プログラミング教育拡充に向け、オンラインプログラミング教材「ライフイズテックレッスン」を、市立実証校におけるプログラミング教育指導の一環として採用する。

さらに、2020年10月22日に、つくば市立高山中学校にて「ライフイズテックレッスン」を使った授業の公開も予定している。

つくば市とライフイズテックの提携概要

ライフイズテックは、デジタル教育によるイノベーション人材の育成を目指し、オンライン型のプログラミング教材「ライフイズテックレッスン」を学校や自治体向けに開発・提供している。

⼀⼈⼀⼈の学びの効率化や、個性と創造⼒を育む教育が⽇本を元気にするカギという考えのもと、地方自治体や、教育機関と連携し、課題解決型の人材を育てるプログラミング教育をはじめとするSTEAM※学習の環境作りを推進していく。

STEAM:科学・技術・⼯学・芸術・数学の5 つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念

この協定では、学校におけるライフイズテックの課題解決型人材を育てる教育や、EdTech教材の利活用により、地域の身近な課題やSDGs課題など実社会をより良くするためのプログラミング教育推進を目指す。

さらに、EdTechを活用したICT環境を整備し、創造力を育む教育支援として、教員への授業支援など、つくば市における社会課題解決型人材の育成に向けた教育環境の創出をサポートしていく。

締結日

2020年10月6日

協定の内容

  1. 学校におけるプログラミング教育の実施及び教材の利用に関すること
  2. 教員並びにICT指導員等の指導力向上及び授業実践方法の研究に関すること
  3. 実践事例の他自治体等への広報及び普及に関すること
  4. 今後のプログラミング教育の在り方の検討及びプログラミング教育がもたらす児童生徒への教育効果の実証等を目的とした調査に関すること
  5. 課外におけるプログラミング教育の実施及び社会教育活動の推進に関すること
  6. その他、両者が協議により必要と認めたこと

提供対象

市内の実証校4校

  • つくば市立春日学園義務教育学校
  • つくば市立高山中学校
  • つくば市立東小学校
  • つくば市立吾妻小学校

提供教材

中学校・高校向けプログラミング指導教材「Life is Tech ! Lesson」(ライフイズテック レッスン)

「ライフイズテックレッスン」の特長

  • 個別最適の授業を実現:一斉授業ではなく、生徒がそれぞれのペースで学習可能
  • コーディングを楽しく学べる:エピソードに合わせて、課題が出題、作品作りを通して学ぶ
  • 授業準備の手間がかからず、導入環境や設定もシンプル
  • 進捗管理画面、指導案、補助教材、小テスト、評価指標などの先生向けの授業支援ツールも提供
  • プログラミング必修化を背景にした中学技術科、⾼校情報科の新学習指導要領にも対応

学校での活用事例

  • 中学校の技術科授業
  • 小学校の総合学習・探究