学習支援SaaS「Monoxer」提供のモノグサ、総額4.4億円の資金調達を実施

学校・塾・語学教室などの教育機関向けを中心に、学習支援SaaS「Monoxer」を提供するモノグサ株式会社(東京都千代田区 代表取締役:竹内孝太朗 畔柳圭佑)は、WiL Fund II, L.P.及び既存株主であるUB VENTURESを引受先とする総額4.4億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

調達した資金は、主に人材の採用・サービスの強化に活用し、コロナ禍で急務となった、教育業界のデジタルトランスフォーメーションを推進していく。

資金調達の目的・背景

モノグサは「学習者の学習成果を第一」に、教育業界のデジタルトランスフォーメーションを推進していくべく、今回、資金調達を行った。

新型コロナウイルスの感染拡大以降、学校・塾に限らず教育領域全般で、オンライン・デジタル化の必要性が急激に高まった。

そのため、多くの教育機関がZOOM等を活用したオンライン授業に取り組んだ。

一方で、授業以外の学習プロセスは依然としてデジタル化が進んでおらず、すでに学習者の成績向上や指導に影響が出てきている状態である。

モノグサは創業以来、「記憶を日常に。」というビジョンの実現に向けて、学習者と先生の双方にとって、ストレスなく利用でき、確実に学習成果が出るサービスの開発を進めてきた。

それゆえ、Monoxerには「問題の自動生成」、「学習の個別最適化」、「定着度の可視化」といった、他にはない特徴を持っており、学習プロセス全体をデジタル化できるサービスに成長。

実際に、Monoxerを導入する教育機関は、2020年4月以降、前年同月比で10倍以上に拡大しているが、まだ一部の先進的な取り組みをしている人にしか提供できていない。

今回の資金調達によって、Monoxerのプロダクト・サービスの強化を進め、教育業界のデジタルトランスフォーメーションを推進していく。

主な資金使途

  • 人材の採用強化
  • 出版社、教材会社等の教育コンテンツプロバイダーとのアライアンス推進
  • 学習プラットフォーム構想への投資

学習プラットフォーム構想について

学習プラットフォーム構想の第一弾として、教材会社や出版社とアライアンスを締結し、すでに実績のある紙教材のデジタル版をMonoxer上で購入・利用できるマーケットプレイス機能をリリースしている。

すでに複数の教材会社様、出版社が参画しているが、引き続き参画する企業と教材ラインナップの拡張を進めている。

マーケットプレイスの拡充によって、Monoxer内で学校や塾のオリジナル教材とマーケットプレイスの教材を組み合わせることができるようになるため、より効率的かつ効果的な学習を進めていただくことが可能になる。

投資家コメント

WiL Partner 久保田 雅也氏

今回のコロナ禍で教育のICT化への不可逆的な流れが改めて確認された一方で、教職員の疲弊や家庭間の教育格差など様々な歪みも顕在化しました。

今後もデジタル時代の教育現場を下支えする学習プラットフォームとして、Monoxerが教育機関やコンテンツプロバイダーの皆様とともに日本の教育をアップデートしていくことを期待しています。

UB VENTURES Venture Partner 麻生 要一氏

モノグサでは、ここ2年の間に、穴埋め形式だけでなく、手書き、ディクテーション、スピーキング、数式など、暗記すべきあらゆるカテゴリに対応した記憶フォーマットが開発されてきました。

自学自習時間を有効化し、確かに覚えさせることができる、しかもその定着度合いが管理できるモノグサは、遠隔授業時代における唯一無二の定着支援ツールとなっていくと確信しています。これからも、モノグサ社がつくる、すべての人の「覚えるストレス」がない社会づくりを支援していきます。

Monoxerについて

Monoxerは、覚えて欲しい内容を登録するだけで、その内容を定着させるために必要な問題をAIが⾃動で作成。

そのため、先生はこれまで紙で運用してきた宿題や確認テストをインポートするだけで、カリキュラムの変更等の特別な準備なく、手軽に始めることができる。

⽣徒はAIが作成した問題をスマートフォンやタブレットのアプリで学習していくが、定着度に応じて、問題の出題頻度や難易度が調整されるため、一人ひとりのレベルにあった学習が実現できる。

また、学習計画機能を利用すると、忘却速度も加味した上で、1日単位で取り組むべき課題の内容と量を自動で計画してくれるため、何をどれだけやるべきか悩む必要もない。

加えて、リアルタイムで学習履歴を解析し、一人ひとりの定着度を可視化してくれるため、やったかどうかだけではなく、「再現性のある形でできるようになっているのか」がわかるようになる。

そのため、より一人ひとりの習熟度に合わせた、きめ細やかな指導を行うことが可能になる。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。