みんなのコードと宮城教育大学附属小学校、コンピュータサイエンス教育のカリキュラム開発に向け実証研究を開始

NPO法人みんなのコード(東京都渋谷区、代表理事:利根川裕太、以下みんなのコード)と国立大学法人宮城教育大学附属小学校(宮城県仙台市、校長:西城潔、以下宮城教育大附属小)は、「コンピュータサイエンス(CS)教育」の授業の実践・研究・カリキュラム開発を行う実証研究プロジェクトを開始することに合意したことを発表した。

このプロジェクトでは、「デジタル社会をどう生きるか」を自分自身の言葉で語れ、「地方でも地方だからこそコンピュータでより豊かな生活を送れる」ということを実感できる子どもたちの育成を目指し、公教育における「コンピュータサイエンス教育」のモデルケースの作成を進めていく。

プロジェクトの実施にあたっては、子ども・若者の未来を支援する日本財団(東京都港区、会長:笹川陽平)に、「公教育におけるプログラミング教育必修化の定着と発展をとおした地域格差の是正」プロジェクトとして、助成されている。

みんなのコードと宮城教育大学附属小学校の実証研究概要

みんなのコードは、「全ての子どもたちがデジタルの価値創造者となる」をミッションに、公教育におけるプログラミング教育の普及に向け、全国で幅広い支援を実施している。

また、近年はプログラミング教育にとどまらず、情報教育やコンピュータサイエンス教育のあり方を実践している。

宮城教育大附属小は、東北唯一の国立系教員養成大学であり、全国に多くの教員を輩出してきた宮城教育大学の附属研究機関である。

近年では、「コンピュータ・サイエンスの時間」を設置し、コンピュータについての理解や機器操作を扱う授業を実践するなど、先進的かつ実践的な情報教育を研究・実施している。

プロジェクト開始の背景と今後の展望

今後、日本では、Society5.0と呼ばれるICTやIoTなどのデジタル革新により「社会のありよう」や社会が抱えるさまざまな課題を解決しようとする未来社会の実現に向け、さまざまシーンで改革が進められていくと言われている。

学校教育においても、これらの考え方から学習指導要領の改定および、小学校でのプログラミング必須化や中学・高校でのプログラミング教育の拡充などが実施される。

そのような中で、みんなのコードと宮城教育大附属小では、「これからの未来社会では子どもたちがテクノロジーの消費者でなく創造者になることが必要」という考えの元、先進的な海外事例にも触れる中で、日本の公教育おいてもプログラミング教育を含む広義的な「コンピュータサイエンス教育」の重要性を感じ、今回の実証研究を行うに至った。

今後は、小学校だけでなく中学校も設置する宮城教育大学のメリットを活かし、小中学校の9年間で実践できる教科「コンピュータサイエンス」のモデルカリキュラムの作成も視野に活動していく。

加えて、2030年からの次期学習指導要領における子どもたちの情報活用能力の在り方についても、本プロジェクトでの研究結果を元に提言していきたいと考えている。

プロジェクトの参画メンバー

  • 国立大学法人宮城教育大学技術教育講座/同情報活用能力育成機構副機構長安藤明伸教授
  • 国立大学法人宮城教育大学附属小学校佐藤俊宏教頭
    • 同CS(コンピュータサイエンス)部上杉泰貴教諭、新田佳忠教諭
    • 同情報部尾形尚子教諭、千葉廣教諭、宮澤莉奈教諭、阿部一矢教諭
  • 特定非営利活動法人みんなのコード代表利根川裕太氏
    • 同学校教育支援部講師竹谷正明氏、千石一朗氏
    • 同パートナー事業部畑紗羅氏、釜野由里佳氏

プロジェクトメンバーからのコメント

宮城教育大学安藤明伸教授

宮城教育大学では、この4月からこれまでの情報処理教育を昇華する形で情報活用能力育成機構を立ち上げました。そのタイミングで附属小学校、全国でプログラミング教育をはじめとする情報教育の普及に力を注いできたみんなのコードさんと共同で未来のコンピュータサイエンス教育を研究するプロジェクトを発足できたことを非常に嬉しく思います。

本プロジェクトを通じて、公教育における未来の子どもたちに必要な「コンピュータサイエンス教育」のモデルケースを作成し、多くの子どもたちが「デジタル社会をどう生きるか」を自分自身の言葉で語れる、そのような社会を目指してプロジェクトを進めて参ります。応援のほど、よろしくお願いいたします。

宮城教育大学附属小学校佐藤俊宏教頭

このたび、宮城教育大学とみんなのコードとともに、本プロジェクトを開始できることを非常に嬉しく思います。本プロジェクトのキーワードとして、ここ宮城県にある本校の地理的メリットを活かして、Society5.0の時代に「地方でも地方だからこそコンピュータでより豊かな生活を送れる子どもたち」の育成を目指し、新たな「コンピュータサイエンス教育」のモデルケースを作成して参ります。

全国の学校教育で実践していただけるケースを作成できるよう、一丸となってプロジェクトを進めて参ります。

特定非営利活動法人みんなのコード代表利根川裕太氏

みんなのコードは、これまで全国40都道府県において教育委員会等の皆さまと共に、先生方向けのプログラミング教育教員養成研修や、無償のオンライン教材の提供を行ってきました。

このたび、コンピュータサイエンス(CS)教育という観点から、宮城教育大学附属小学校と共同で授業実践と調査研究に取り組むことで、プログラミング教育の先のステップとして、日本初のコンピュータサイエンス教育のカリキュラムの開発にチャレンジします。

本研究を通して、人とテクノロジーが協働する時代に、子どもたちにとってのコンピュータサイエンスの学びのあり方を模索し、日本全国の公教育に還元できるか、熱意を持ったチームで取り組んでいきたいと思っております。