STEAM教育分野の通信教育「ワンダーボックス」2020年度グッドデザイン賞を受賞

ワンダーラボ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:川島 慶)は、STEAM教育領域の通信教育「ワンダーボックス」が、2020年度グッドデザイン賞を受賞したことを発表した。

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント

  • これから重要になってくるSTEAM教育領域を横断的に楽しく学べる教材キットであるが、単なる教育サービスでなく、あくまで子供の目線で開発されている点が特徴的である。
  • 子供が興味を持つインターフェースと、充実したコンテンツが準備されており、好奇心を継続して引き出すデザインが丁寧に行われている。
  • また、アナログとデジタルがバランスよく設計されている。子供達の自由な感性やアイデアの創出に大きく貢献できる製品なので、今後のバリエーション展開にも期待したい。

グッドデザイン賞とは

グッドデザイン賞は、デザインによって私たちの暮らしや社会をよりよくしていくための活動である。

1957年の開始以来、シンボルマークの「Gマーク」とともに広く親しまれてきた。

グッドデザイン賞は、製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなどさまざまなものごとに贈られる。

かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰している。

さらに、複雑化する社会において、課題の解決や新たなテーマの発見にデザインが必要とされ、デザインへの期待が高まっている。

グッドデザイン賞は、審査と多様なプロモーションを通じて、デザインに可能性を見出す人びとを支援し、デザインにできること・デザインが生かされる領域を広げ、私たちひとりひとりが豊かに、創造的に生きられる社会をめざしている。

ワンダーボックスについて

2020年4月にスタートしたワンダーボックスは、毎月届くキット(パズルやワークブックなど)と、専用アプリを組み合わせて学ぶ、STEAM教育領域の新しい通信教育サービス。

常に10種類程度のコンテンツで構成され、プログラミング、アート、ボードゲーム、パズルなど、多種多様なテーマから子ども自身が興味関心に沿って自由に学ぶことができる。

既存の通信教育のように、教科学習の補助教材ではなく、子どもの意欲を引き出し、感性と思考力が自然と育っていくことを目的とした教材。

多くのコンテンツが、ゆるやかな誘導を経て、最終的には正解のない自由な創作に行き着くように設計されている。

W受賞を記念したキャンペーンを実施

ワンダーボックスは、2020年8月にはキッズデザイン賞も受賞しており、サービス開始から半年でグッドデザイン賞・キッズデザイン賞のW受賞となった。

これを記念して、10月1日〜31日にワンダーボックスを申し込むと、Amazonギフト券1,000円分をキャッシュバックするキャンペーンを実施する。