イノビオットと明日葉、学童保育におけるプログラミング教育など先端教育の検証に向け協定を締結

学童・放課後施設、児童館等を運営する株式会社明日葉(本社:東京都港区、代表:大隈太嘉志)は、子ども向けプログラミング教室等の企画・運営や、新たな学びに関する情報を発信するメディアの運営を行う株式会社イノビオット(本社:千葉県千葉市中央区、代表取締役:福田紘也)と、2020年9月29日に、学童保育におけるプログラミング教育などの先端教育の検証実験に関する協定を締結したことを発表した。

今後は、多様な分野においてお互いの経営資源やノウハウなどを連携させ、学童保育の質の向上を推進していく。

「学童保育におけるプログラミング教育などの先端教育の検証実験に関する協定」概要

協定締結の背景

2020年4月から小学校でプログラミング教育が必修化されるなど子供たちを取り巻く環境は変化しており、学校におけるICT環境の整備が進んでいる。

コロナ禍の影響を受け、学校のICT環境の整備は加速し、さらに家庭においてもICT環境が急速に整いつつある状況である。

そのような状況下、学童保育の分野においても、タブレットなどICT環境が整備されてきており、オンラインを活用した学童保育の在り方も検討され始めている。

締結日

2020年9月29日

協定の内容

  1. イベント開催、体験学習等の機会提供、総合的な調整を行うこと
  2. 技術、サービスの試行、提供を行うこと
  3. 事業の検証を図り、活動の継続、事業化に向けた検討を図ること
  4. その他双方が合意し、必要と認めた事項

協定期間

令和2年9月29日から令和3年9月29日まで