こども向けプログラミング教育ツール 「IchigoJam BASIC」累計1,000ライセンスを突破したSkyBerryJAM用の記念ファームウェアと共にver1.4.3をリリース

jig.jpグループ株式会社B Inc.(本店:福井県鯖江市、代表取締役社長:福野 泰介、以下B Inc.)は、こども向けプログラミング教育ツールソフトウェアとして開発した『IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)』のver1.4.3を、累計1,000ライセンスを突破したSkyBerryJAM用の記念ファームウェアと共に、2020年9月28日よりリリースすることを発表した。

あわせて、株式会社ナチュラルスタイル(本社:福井県福井市、代表:松田 優一)が提供しているIchigoCake BASICもver1.4.3にバージョンアップされる。

IchigoJam BASICとは

IchigoJam BASICは、LEDを点けたり消したりするプログラミングの初めの一歩から、ゲーム作りなどを1時間程度のワークショップで体験できる、プログラミング学習用に開発されたOS。

現在、IchigoJamは、福井県鯖江市全小中学校や高専のオープンキャンパスを始めとしたさまざまな教育現場にて活用され、株式会社ナチュラルスタイルが監修するタミヤロボットスクールのプログラミングコースに導入されるなど、各種プログラミングの教育の場に採用されており、2020年7月時点で発行ライセンス数は65,536を超えている。

今バージョンでは、ILI9341液晶ディスプレイモジュールで表示する専用ファームウェアを公開。

画面込みでの組み込みデバイス作りや、自作の一体型パソコン作りに便利。

また、事前に作成した課題ファイルでプログラミング学習してもらう際や、イベントなどでプログラム展示する際などに、意図しないファイルの上書きを防止するリードオンリーファームウェアも利用できる。

SkyBerryJAMとは

SkyBerryJAMとは、2015年に栃木県立栃木工業高等学校(栃木県栃木市、学校長:近藤 正)にて起業家精神育成事業の取組みとして高校生が開発し、2017年に一般商品化されたIchigoJam互換機。

栃木工業高等学校では、さらに、「課題研究」の科目や「部活動」などを通し、自校で開発したこのSkyBerryJAMを用いて、高校生が先生役となり小学生に直接指導を行うプログラミング出前講座を2016年から栃木県内の小学校を中心に行っている。

指導内容も学生同士で話し合いブラッシュアップすることで、自身の成長にも繋がるものとなっており、こども達へのプログラミング教育が進められている中で、指導者不足が課題となっている昨今、新たなモデルにもなるようB Inc.として今後も活動を応援していくという。

SkyBerryJAMは高校の電子工作やプログラミング教材としても活用されている。

なお、IchigoJamとサウンドグラボの「PanCake」が合体した「IchigoCake」もver1.4.3にバージョンアップされる。

IchigoCakeでは、通常のIchigoJamとしての利用に加え、カラフルなグラフィックや多彩な音を利用でき、プログラム容量も4KB(IchigoJam BASICの4倍)に拡張されているので、より幅広くより高度なプログラミングを楽しめる。

B Inc.では今後もより一層プログラミング教育への支援や協力に努めていく。