鎌倉市とYouTuber事務所「FunMake」、デジタル領域でのコンテンツ制作及び発信を通じた地域活性化に向け連携

YouTuber向けマネジメントプロダクションの株式会社FunMake(本社:大阪市北区、代表取締役:市位謙太、以下「FunMake」)は、鎌倉市(市長:松尾崇)と連携協定を締結したこと発表した。

FunMakeと鎌倉市の連携協定概要

FunMakeではYouTuberをはじめとしたインフルエンサーのマネジメントやインフルエンサーを活用した企業や自治体のマーケティング、各種SNSのマネジメント業務を行っている。

FunMakeに所属しているYouTuberはグルメやキャンプ、旅行、ガジェットなどいわゆる「大人系」の趣味に特化しているのが特徴。

またFunMakeでは専属YouTuberに向けて、アクセラレーションプログラムを月1回実施しプロのクリエイターとしての活動手法やコンプライアンスなどの教育機会を提供している。

こうした人材育成や情報発信のノウハウを生かし、地方自治体や企業と連携を行い、価値提供領域を社会へと拡大し、地域社会とともに地方創生に向けた取り組みの一層の推進を図る。

また今回の鎌倉市との連携協定は、FunMakeの業務提携先の株式会社Public dots & Company(代表取締役:伊藤大貴)の協力もありなし得たもので、こうしたFunMakeのエコシステムの拡大は官公庁等の公共セクターの理解や、地方創生に向けたデジタルマーケティングの活用機会の創出を加速させると考えているという。

FunMakeのミッションは、YouTuberなどの影響力を持つインフルエンサーと共に東京一極集中などの日本の構造的な問題点を解決すること。

今回の鎌倉市との連携協定で地域の魅力発信の取り組みを進めるとともに、「地域経済の活性化」に貢献していく。

鎌倉市と株式会社FunMakeとの連携協定の目的について

鎌倉市と株式会社FunMakeが、それぞれが有する人的・物的資源を有効に活用して、デジタル領域でのコンテンツ制作及び発信を通じた地域活性化等に向けて連携し、協力を図ることを目的とする。

FunMake地方創生事業について

FunMakeでは、YouTubeや動画を通じた地方創生事業に取り組んでいる。

自治体の賑わい創出からホテルやインフラ企業の観光・インバウンド、地元の名産特産品の魅力発信まで領域を問わず、これまでに培ってきたノウハウ・専門人材・ネットワークを活用した課題解決に取り組む。

連携協力事項

以下の事項について連携協力の検討をしていく。

  1. 魅力あるまちづくりに関すること
  2. 情報発信に関すること
  3. 地域振興に関すること
  4. 人材育成に関すること
  5. その他前条の目的達成に必要な事項に関すること