デジタルハリウッド大学、足立区シティプロモーション映像を制作するプロジェクトを開始

デジタルコンテンツと企画・コミュニケーションを学ぶデジタルコミュニケーション学部(4年制大学)と、理論と実務を架橋し新たなビジネスを生み出すデジタルコンテンツ研究科(専門職大学院)を設置しているデジタルハリウッド大学(所在地 東京・御茶ノ水、学長 杉山知之)では、大学連携プロジェクトとして足立区シティプロモーション映像を制作するプロジェクトを開始することを発表した。

あだちワンダフルCMグランプリ(通称:あだワン)とは

2011年度に始まった「あだちワンダフルCMグランプリ(通称:あだワン)」。

今回10回記念特別企画として、デジタルハリウッド大学との連携プロジェクトを展開する。

このプロジェクトの目的は、企画段階から連携し「足立区は撮影候補地など最大限サポートし、学生は足立区の要望を基に自らの技術や大学の設備を最大限に活用し、今までに区が制作したことのないシティプロモーション映像を制作する」こと。

行政が最も情報を伝えることが難しい10代から30代の若年層に響く映像を制作する。

デジタルハリウッド大学の高橋学部長が指導し、学生6名による4本のシティプロモーション映像を卒業制作として制作する本プロジェクトが実現した。

過去9回の受賞者には、現在、映像業界で活躍するクリエイターたちが多く存在し、プロを目指す登竜門となっている。

また、区立小学校の児童が授業の一環で「足立区の良いところ」を発表する映像を応募するなど、プロアマ世代に関係なくそれぞれのスタイルで楽しく参加できる映像コンテストである。

キャッチフレーズ

「新しい日常だからこそのアイディアで、新しい日常だからこそできる、映像がある。」

作品応募期間

令和2年9月15日(火)~令和3年2月1日(月)

募集部門

  1. CM部門(60 秒以内)
  2. お気軽投稿部門(15 秒以内)