立命館アジア太平洋大学、国内教育機関で初めて電子サービス「Adobe Sign」を導入

アドビ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は9月24日、立命館アジア太平洋大学(⼤分県別府市、学長:出口治明、以下 APU)が、アドビの電子サービス「Adobe Sign」を導入したことを発表した。

APUは、学生約6,000名のうち約半数は90カ国・地域からの留学生であり、教員も約半数は外国籍、授業も日英両言語で行われるなど、グローバル化をけん引している大学のひとつ。

これまで、留学生へ出願及び入学手続書類の原本の一部を、海外郵送で提出を求めていた。

しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、相次いで主要都市が封鎖され、教育機関の休校等が発生、教員と会えず推薦状にサインがもらえない、大学より送られてくる誓約書(大学が定めた諸規程への遵守を誓約する書類)等の所定書類を受け取れない、受け取り後も期日までに郵送できないといった問題が多数発生するようになった。

これらを解決するため、APUは、国内の教育機関では初めて、国際学生の募集や入試を扱うアドミッションズ オフィス(国際入学試験事務局)にAdobe Signを導入。

留学生の推薦状提出プロセスに加えて、誓約書にもAdobe Signを活用することとなった。

感染症下での留学生を取り巻く厳しい状況を考慮し、検討から稼働まで約3ヵ月間という短期間で、運用プロセスの整理構築から留学生への周知までを行った。

今後は大学が提供する教育プログラムの同意書への活用など、学内の様々な業務への利用拡大を予定している。

導入においては、Adobe Signの高いセキュリティや法的有効性、メールアドレスさえあれば相手先が導入していなくても利用できる利便性に加え、世界各地の留学生にも広く知られているPDFを開発した会社というアドビの信頼性、多言語対応力、及びグローバルでの認知度も、システム導入の決め手になった。

立命館アジア太平洋大学 出口治明学長

APUでは、これまで年間約800名(学部生、大学院生、交換留学生含む)の海外留学生の入学手続の一部を紙の書類と郵送で行ってきましたが、世界中で留学生を取り巻く入試プロセスが年々ペーパーレス化へ進む中、そのような時代はすでに終わりを迎えつつあります。

各種手続きを電子サインで行うことで、入学手続の利便性を高め、時代への即応力を大学のアピールにつなげる、それは当たり前のこととなりました。また、留学生受け入れ実務の煩雑さを解消しつつ、国際郵送費用等を大幅に低減させることにもなる本サービス導入は、間違いなく大学にとって必要な経営判断です。APUと姉妹大学である立命館大学におけるAdobe Creative Cloud導入実績に加えて、Adobe Signはアメリカの教育機関等でも導入実績があり安心感があったため、今回の導入を決めました。

今後もAPUは、学生・大学の双方にとって利便性の高い最新のサービスを導入し、アドビとともにニューノーマルに向けた新たな教育現場の改革を進めていきたいと思います。

アドビ株式会社 デジタルメディア事業統括本部 統括本部長 専務執行役員 神谷知信氏

日本の大学にAdobe Signが導入されるのは、APUが初めてのケースになります。新型コロナウイルスが拡大し始めた今春、いち早くオンライン授業を導入するなど、日本の教育現場のデジタル化を牽引してきたAPUのデジタルトランスフォーメーションの一端を担えることを嬉しく思います。

このコロナ禍では、自国に帰国していた留学生が日本に戻ってこられない、休学や入学時期変更に手続きに困っていた学生も多くいたとお伺いしました。アドビは今後も、そんな学生たちを少しでも手助けし、未来を創る学生たちの学びを止めないためのソリューションを提供してまいります。