ダイソン国際エンジニアリングアワード、失われた声をAIで取り戻すウエラブルデバイス「Syrinx」が日本国内最優秀賞に

一般財団法人 ジェームズダイソン財団は、次世代のエンジニアやデザイナーの支援・育成を目的に、財団が主催する国際エンジニアリングアワード、James Dyson Award (以下、JDA) の国内最優秀賞作品を含む上位2作品を発表した。

世界各国から1,794の作品が集まった。

今年の国内最優秀賞は、東京大学大学院 竹内 雅樹氏ら4名チームによる、声を失った人々が、再び声を取り戻すことができるウェアラブルデバイス「Syrinx」に決定した。

James Dyson Award 国内最優秀賞作品について

「Syrinx」は、失われた声を取り戻すウェアラブルデバイス。

喉に外部から声の素となる振動を与えることで、喉頭を摘出し発声能力を失った人などが再び人と話すことができるようになる。

声を使った会話はコミュニケーションをとるのに最もスピーディーかつ簡単な方法だが、世界では毎年30万人以上ががんなどの理由で声を失っている。

口の動きだけで声を生成するデバイス、電気式人工喉頭が20年程前に開発された。

しかし、その使用には常に片手で喉にデバイスを押し当てなければならず、さらに生成される声も機械的で依然人の声とは程遠いものだった。

彼らにもう一度楽しい会話というものを取り戻して欲しい。そういった思いからプロジェクトがスタートした。

今回の受賞を受けて、チームリーダーの竹内氏は「私たちのゴールはSyrinxを製品化して、世界中の声を失った方々に届けることです。今回の受賞はそのための大きな一歩を踏み出したと考えております。そのため、今以上に質のいいものを世に出せるように、今後も開発を続けていきたいと思います。」とコメントしている。

受賞作品には賞金2,000ポンド(約28万円)が贈られる。

国内準優秀賞は、下記の作品に贈られる。

  • Robotic Drink Bar:人手不足をサポートする超低コストなロボットアーム

国内最優秀賞「Syrinx」作品概要

Syrinxは失われた声を取り戻すウェアラブルデバイス。

喉に外部から声の素となる振動を与えることで、喉頭を摘出し発声能力を失った人などが再び人と話すことができるようになる。

失う前の声の録音データを元にAIで声帯の振動音を生成することで元の声を再現。

また、ハンズフリーで使用可能なため日々の生活動作を妨げることがない。さらにその外観は、会話のきっかけとなるような洗練されたデザインを有している。

製作者

  • 竹内雅樹氏 東京大学大学院 工学系研究科 電気系工学専攻
  • Ahn Jaesol氏 東京大学 工学部 電子情報工学科
  • Lee Kunhak氏 東京大学 工学部 機械工学科
  • 小笠原佑樹氏 東京大学大学院 学際情報学府学祭情報学専攻 先端表現情報学コース

審査員のコメント

JDA国内審査員 緒方壽人氏

失われた声を取り戻すウェアラブルデバイスとして、実際に当事者のインタビューやテストを行いながら、従来の電気式人工喉頭の問題点に真摯に向き合い、元の声に近い発声技術、手が塞がらない使い勝手やデザインなど、技術的にも難しい課題をクリアしながら試作検証を重ねてつくられており、高く評価できる。

JDA国内審査員 川上典李子氏

「検証が重ねられ、ハンズフリーの設計や声の再現、好みの声に変えられる配慮などユーザーの心理にも丁寧に向き合った提案となっていることを高く評価した。必要とされる方々の生活に馴染み、身体の一部となって違和感なく活用できるための精度を高めながら、社会実装に向けて進んでほしい。今後の取り組みに注目している。

国内準優秀賞「Robotic Drink Bar」作品概要

人手不足は年々増加し、今後ロボットを用いた生産性の向上は必要不可欠となってくる。

現在でもロボットによる生産性の向上の取り組みが行われているが、「コストが高い」ということが大きな導入障壁となっている。

そこで、人手不足が深刻な飲食・農業といった分野に最適なスペックで導入・運用コストの低いロボットアームを開発。

このロボットアームを用いて、まずは飲食分野の自動化に取り組む。自動販売機型での自動化の検証を行い、検証後には自動販売機型や店舗型での展開を考えている。

製作者

樋口翔太氏 筑波大学大学院 知能機能システム学位プログラム1年

審査員のコメント

JDA国内審査員 緒方壽人氏

汎用性の高い自由度をもったロボットアームは多様な場面で潜在的なニーズがあり、その中で大きな問題となる『コスト』に焦点を当て、高機能ではなくコストを圧倒的に下げようというアプローチは理にかなっている。実際にプロトタイプを開発し検証を行っている点も評価している。『必要な機能性や品質』と『圧倒的な低コスト』のバランスをいかに両立できるかが今後の鍵になると思われる。

JDA国内審査員 八木啓太氏

実際に機能するプロトタイプ開発と、その検証・改善プロセスを高く評価している。今後社会実装にむけて、上市に耐えうるQCDの最適化や、量産、商業的課題といった難題が想定されるが、コスト優位性のコンセプトを失わずに、市場でプレゼンスを発揮されることを期待したい。

今後の審査の流れ上記2作品を含む各国作品群は国際第2次審査に進む。

その中からTOP20作品が選ばれ、ダイソン創業者ジェームズ ダイソンによる国際最終審査に進む。

選考結果は、TOP20を10月15日に、最終結果を11月19日に発表予定。

国際最優秀賞受賞者には、賞金30,000ポンド(約420万円)を、受賞者が在籍または卒業した教育機関に寄附金5,000ポンド(約70万円)が贈られる。