NTTコミュ、VRで目の前に首里城正殿がよみがえる「首里城VRゴー」体験会を実施

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、一般財団法人 沖縄美ら島財団(以下 沖縄美ら島財団)と、株式会社キャドセンター(以下 キャドセンター)との協力のもと、NTT ComのVR※1活用支援ソリューションを利用した「首里城VRゴー」体験会を、首里城公園にて2020年9月19日から11月30日まで実施することを発表した。

2019年に焼失した首里城正殿などを来園者の目の前に再現し、CG内でその周囲を自由に歩き回れる体験を提供することで、首里城の歴史・文化の普及啓発と、沖縄県の観光事業の活性化に貢献する。

なお、「首里城VRゴー」は、2020年2月5日、6日に開催された「ResorTech Okinawa おきなわ国際IT見本市2020」での出展を機に創出された取り組みである。

※1:VirtualReality:仮想現実の略。最近は、遠隔地やCGで作られた世界を、あたかもその場にいるかのように体験できる技術やコンテンツを指すことが多い。特に、VRゴーグルを装着することによって、上下左右全ての方向を見渡せる映像コンテンツが急速に増えている。ゲームや医療など様々な領域での活用が期待されている。

「首里城VRゴー」について

「首里城VRゴー」は、2019年に焼失した首里城正殿などの建造物を、焼失前のデータを基にCGで立体的に再現したVRコンテンツ。

会場に設置されたVRゴーグルやタブレット端末を用いたAR※2を視聴でき、建造物の周囲を自由に歩き回り、上下左右に視点を移動させることが可能。

なお、VRコンテンツの制作にあたってはキャドセンターの持つ3次元CGによる可視化技術※3を活用している。

※2:AugmentedReality:拡張現実の略。今回の取り組みでは、現地に設置された画像をタブレット端末のカメラで読み取ることでARコンテンツが起動し、現実の風景からCGで再現された首里城正殿前の空間に入り込むような体験を提供しする。

※3:3次元CGによる可視化技術とは、さまざまなアングルから撮影したデジタル画像を解析・統合して立体データを作成するフォトグラメトリー、及び現存しない文化財を文献や図面等の資料を基にCGによって可視化する技術。

背景、目的

NTTComは、SmartWorldの実現を目指し、VR(仮想現実)を始めとした仮想空間技術xRを活用し、企業活動や、学校教育、伝統文化などあらゆるシーンを非対面で仮想的に実現するxRビジネスを展開している。

今回、仮想空間技術を活用し、まるで首里城正殿が目の前に再建されたかのようなリアルな体験を提供することで、沖縄県の文化財やその復興風景と、歴史・文化の伝承に貢献していく。

実施期間

2020年9月19日(土)から11月30日(月)の10:00から16:00まで

実施場所

首里城公園世誇殿

利用料金

無料(有料区域への入場料が別途必要)

今後の展開

今後NTTComは、建造物だけではなく伝統儀式や歴史イベントなどをバーチャルで体験し、学べるコンテンツの検討など、歴史・文化伝承への寄与と、沖縄県の魅力向上に継続的に貢献していく。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。