Unity、ロボティクス分野の公式オンラインセミナー「Unity道場 ロボティクススペシャル」を10月9・10日に開催

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:豊田 信夫)は、ロボティクス分野のオンラインセミナー「Unity道場 ロボティクススペシャル」を開催することを発表した。

「Unity道場 ロボティクススペシャル」概要

Unityのエキスパートたちが、学生から社会人まで幅広い開発者向けに、様々なカテゴリーの技術を伝授するのがUnity道場である。

「Unity道場 ロボティクススペシャル」では、産業用ロボット、パーソナルロボット、ドローン、自動運転技術などロボティクス分野の第一線で開発を行っている企業・研究者によるセッションを予定している。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内外での感染拡大を受け、本イベントは動画配信およびライブQ&Aによるオンラインセミナー形式で開催。

参加(視聴)は無料だが、「Unity Meetup」のイベントページからの申し込みが必要。

なお、配信終了後はアーカイブ化され、だれでも無料で視聴できる。

ロボット開発におけるUnityについて

リアルタイム3Dコンテンツを作成・運用するための世界有数のプラットフォーム「Unity」は、ロボティクス分野においてもシミュレーション、AI開発、可視化、UI開発などの分野で広く活用されている。

例えば、HDレンダーパイプライン(HDRP)やリアルタイムレイトレーシングの機能により、現実を模した仮想空間を構築することが出来る。

Unity Simulationというサービスを使うと、クラウドに必要な数のインスタンスを簡単に用意して、複数のシナリオに基づいたシミュレーションを高速に実行しその結果を得ることが出来る。

複数パターンの検証を行ったり、AIトレーシング用の教師データを生成するのに最適。

ML-AgentsはUnityが提供する機械学習用フレームワーク。

特に強化学習という学習帆方法に基づいて、利用者の目的に合わせたAIの開発と利用を行うことが可能。

他にもPiXYZ Plugin for Unityを活用することでCADデータをUnityに取り込んだり、Asset Storeを活用することにより既に用意されているハイクオリティな建築物やキャラクターを手軽に組むことが出来る。

10月9日(金)15:00 – 17:25「Unity道場 ロボティクススペシャル 虎の巻」

産業用ロボットにおけるUnityとAI技術の活用

講演者:太刀掛 浩貴(株式会社エイアイキューブ)

Unityをはじめとするシミュレーション関連の分野は従来の産業用ロボットにおいて、事前の動作計画や検証といった用途で大きな役割を果たしてきた。

しかし、近年深層学習の登場により、これらのシミュレーション技術の活用は大きく異なりつつある。

この講演では、Unityが多く採用されているゲーム開発やビジュアライズといった用途とは別の産業分野でのUnityやAI技術の活用事例について、実際の取り組みを例として紹介する。

Unityを活用した3Dシミュレーション環境の構築

講演者:安達 武範(株式会社 プラスプラス)

3Dシミュレーター開発におけるUnityの利点や農業用ロボットをはじめとするロボット開発における3Dシミュレーションの活用例、ROSを使用した開発環境の構築例について。

Unity x 自動運転シミュレーション、自動運転におけるGame Engineの役割

講演者:片岡 大哉(株式会社ティアフォー)

現在T4においてはUnityベースのLGSVL Simulatorを活用してオープンソース自動運転ソフトウェアである「Autoware」のテストを行っている。

どのようにしてGame EngineをベースにしたSimulatorを自動運転ソフトウェアの安全性向上に活かしているのか、なぜ自動運転シミュレーションにおいてGame Engineが採用されているのかに関して解説する。

自動運転XRシステム「RideVision」におけるUnityの活用例

講演者:有年 亮博(株式会社シナスタジア)、崎山 和正(株式会社シナスタジア)

乗り物の移動に連動したXR体験が可能なシステム「RideVision」は、移動中に体験するコンテンツをUnityで制作するためのプラグインを提供している。

自動運転技術を活用しながらも、既存の手動運転車両にも施工無しで搭載可能な「RideVision」システムを利用したXR観光バスツアーという今までにない旅行商品の開発事例をもとに、エンタメ用途での自動運転技術の活用方法や、そのコンテンツのUnity上での制作方法について解説する。

新VTOL型ドローンによる大規模3次元モデリング

講演者:佐部 浩太郎(エアロセンス株式会社)

エアロセンスにて新たに商品化したVTOL型ドローンを紹介する。

このドローンはマルチコプターのようにホバリングすることで垂直離着陸が可能で、固定翼機のように水平飛行もできる。

これにより簡単に自律飛行による運用ができ、効率良く広範囲の監視・点検を行うことが可能。

ドローンの応用として、写真測量による3次元モデル化業務の実施例を紹介するとともに、VTOLを活用することで圧倒的な大規模範囲をモデル化できることを示していく。

10月10日(土)15:00 – 17:20「Unity道場 ロボティクススペシャル 龍の巻」

IoT/クラウドロボティクス時代の仮想シミュレーション環境・箱庭の紹介

講演者:森 崇((株) 永和システムマネジメント)高瀬 英希(京都大学)

ロボット開発は、IoT/クラウド時代に入り,様々な機器が絡んだ複雑なシステムと向き合う必要がある。

TOPPERSプロジェクトでは、このようなシステムを手軽にシミュレーションできる環境である「箱庭」の構築に取り組んでいる。

本発表では「箱庭」で掲げるコンセプトを実証するプロトタイプ・モデルの開発状況を紹介し、その応用事例として、組込みロボット教育向けのシミュレーション環境について紹介。

本シミュレーション環境では,Unityを積極的に採用し,ライントレース等のロボット演習を実施可能な素材をオープンソースで公開している。オンラインで組込みロボット教育を検討している人は必見!

Virtual Tsukuba Challenge on Unity について

講演者:田中 良道(筑波大学)桑野 僚大

自律移動ロボットの公開実験大会である「つくばチャレンジ」は2020年、コロナウイルスの影響によりオンラインでの開催が決定し、シミュレータを用いた実験(Virtual Tsukuba Challenge(VTC))が案内されている。

この講演では,VTCをUnity上に再現し、かつRobot Operating System(ROS)との連携を行うための方法を紹介する。

ロボットモデルの再現、センサのシミュレート、Unityとの通信方法について紹介し、Unityにおける利点や課題、将来展望について発表する。

ロボットトイ「toio(トイオ)」とUnityでの開発事例の紹介

講演者:田中 章愛(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)、本間 翔太(モリカトロン株式会社)、銭 起揚(モリカトロン株式会社)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のロボットトイ「toio(トイオ)」とUnityでの開発事例を紹介。

机の上で手軽に動かせる小型ロボット「toio」をUnityと組み合わせれば、スマートフォンからロボットを動かしたり、ARで触れるゲームやインタラクティブなアートを作ったり、ロボット制御やAIの研究開発・学習用途にも活用可能。

本講演では「toio」のロボットとしての魅力やUnityで開発されたデモ作品たちを紹介。

VR/AR, UX and robotics

講演者:Sensitive Cube(Psychic VR Lab)

ポストコロナにおけるエンタテインメントについての概念的なトピック及びUnityを用いたprototypingについて解説。

場所や空間を共有しにくくなった現在においてVR/ARや3DCG,Roboticsによってどのような表現の可能性があるのか、また実際にunityにてノードベース(Playmaker等)でprototypingした際の知見などを事例を交えて紹介する。

※タイムテーブル、講演内容は変更となる場合あり。

参加申し込み

各イベントページから事前に参加申し込みが必要。

参加費

無料(事前登録制)

定員数

制限なし

配信終了後のアーカイブ

イベントの様子はYouTubeにて公開されだれでも視聴が可能。また、一部の講演スライドはUnity Learning Material上で個別に公開される予定。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。