DMM英会話が経産省「EdTech導入実証事業」に採択、全国36都道府県165校の約8万人へサービスを導入

合同会社DMM.com(本社:東京都港区、会長 兼 CEO 亀山敬司、以下DMM )で展開中の「DMM英会話」は、EdTechソフトウェアやITを活用した教育イノベーションの全国的な普及を後押しすべく、経済産業省が実施する「令和元年度補正 先端的教育ソフトウェア導入実証事業」に採択されたことを発表した。

今回の採択を受け、2021年3月末までの期間、全国36都道府県・165校・8万2001名へサービスを導入する。

学校での英語教育において「話す」スキルが重要視されるようになったことや、オンライン学習サービス需要の高まりから、学校単位での「DMM英会話」導入は近年急速に増加している。

また、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う全国の小中学校・高等学校の臨時休校をきっかけに、「DMM英会話」では今年3月〜5月までの約3ヶ月間に渡り、全国の学校法人を対象としたサービスの無償提供を実施。

最終的には、全国132校・4万3301名の生徒が利用した。

これらの実績やノウハウを活かし、今回の採択を受けて新たに「DMM英会話」を利用することになった全国165校・8万2001名の生徒が、世界各国の講師とのレッスンを通して英語や異文化を楽しく学べる機会を提供し、日々の学習をサポートしていく。

そして、世界120ヶ国・7000名以上の多国籍な英語講師とのマンツーマンレッスンを、時間や場所を問わずに受講できるというサービス特徴を活かし、教育現場で求められている「個別最適化された格差のない公平な学び」の実現を目指す。

令和元年度補正 先端的教育ソフトウェア導入実証事業」について

Society5.0時代における教育現場では、個別最適化された格差のない公平な学びと、プログラミング教育をはじめとする創造性を喚起するSTEAM学習を構築することが必要であり、そのためにはパソコン端末や高速通信網等のICTインフラの整備と併せ、教育産業等が開発するEdTechサービスの学校等における積極的な導入が効果的である。

この事業では、EdTechソフトウェアやITを活用した教育サービスの学校等への導入実証を行うEdTech事業者に対して必要な経費の一部を補助することにより、学校、自治体教育委員会、学校法人等と教育産業の協力による教育イノベーションの全国的な普及を後押しすることを目的としている。

「DMM英会話」について

『DMM英会話』は、パソコンやタブレットPC、スマホを使って、24時間365日いつでもどこでもマンツーマンレッスンが受けられるオンライン英会話サービス。

独自開発のレッスンシステム「Eikaiwa Live」を導入し、ビデオ通話、教材閲覧、チャット、ノートといったレッスンに必要な機能が、全てWebブラウザ上の一画面で完結。

ネイティブの国をはじめアジア、ヨーロッパ、中南米など、累計120ヵ国・7000人以上の英語講師が在籍。

英語レベルやキッズ、ビジネス、トラベルなどの目的別で選べる豊富なレッスン教材を、オンラインにて全て無料で利用できる。

オンライン英会話サービスでの認知度No.1、さらに、価格満足度、講師の質、レッスンプランの充実度など16項目中16項目全てでオンライン英会話サービス評価指数No.1(※)を獲得。

※調査委託先:インテージ、実施日時:2020年4月、調査対象:18~59歳男女(1,085名)