スタディプラスの電子参考書サブスク「ポルト」提供参考書数100冊を突破

スタディプラス株式会社が提供する電子参考書サブスクサービス「ポルト」において、提供する参考書の冊数が100冊を突破したことを発表した。

またすべての参考書を読み放題で体験できる「無料トライアル」も、決済情報の登録なしですべての教材を7日間体験できるようにリニューアルされた。

スタディプラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:廣瀬高志)が提供する電子参考書のサブスクサービス「ポルト」では出版社との協業により、スマートフォン/タブレットのアプリにて電子版の学習参考書を提供している。

今回、ポルト上で提供する参考書の冊数が100冊を突破した。

大学受験生に人気上位の参考書100冊が利用可能に

2019年9月のサービス開始時での教材数は30冊だったが、1年間で冊数を大きく増やし、2020年9月に提供冊数100冊を突破。

2020年9月14日時点で111冊を提供している。

提供している参考書は、スタディプラスの学習管理SNSアプリ「Studyplus」で登録者数が上位の参考書が中心。

すべての参考書を読み放題で体験できる「無料トライアル」をリニューアル

参考書の100冊突破に合わせ、「スマートフォン/タブレットを使った参考書学習」という新たな学習スタイルをより多くの人に体験してもらうため、「無料トライアル」をリニューアル。

クレジットカード等の決済情報の登録なしで、すべての教材を体験できるようになった(利用開始から7日間の期間限定)。

これによって、分厚く重い参考書を持ち運ぶ必要なく、100冊以上の電子参考書を読み放題で利用できる「ポルト」の魅力を、より多くの大学受験生に体感してもらうことを目指す。

タブレット利用者、スマホ&タブレットの併用者も増加傾向

ポルトでは、2020年5月よりタブレット端末にも対応しているが、提供以降タブレットによる利用者数が増えており、スマホとタブレットを併用するユーザーも目立っている。

併用ユーザーは特に学習利用時間が長く、満足度も高いという調査結果が出ており、自宅や自室での学習にはタブレットを、移動中などのスキマ時間学習にはスマートフォンを利用するといった、電子参考書ならではの傾向が見られている。

電子参考書サブスク「ポルト」について

「ポルト」は、月額980円で電子版の大学受験向け学習参考書100冊以上が使い放題になるサブスクリプションサービス。

スマートフォン/タブレット(iOS/Android)に対応している。

利用料金

  • web課金:980円/月(税別)
  • App Store/Google Play課金:1380円/月(税込)

提携出版社(五十音順)

株式会社アルク、株式会社旺文社、株式会社学研プラス、株式会社KADOKAWA、株式会社河合出版、株式会社講談社、株式会社新興出版社啓林館、株式会社スタディカンパニー、株式会社世界思想社教学社、株式会社Z会ソリューションズ、株式会社第一学習社、東京書籍株式会社、株式会社山川出版社