プログラミング的思考が遊びながら身につくボードゲーム「グラミン探検隊」英語版の資金調達をクラウドファンディングで開始

グラミン合同会社(本社:東京都世田谷区)は、2020年8月27日に、おうちで学べるプログラミング・ボードゲーム「グラミン探検隊」英語版開発の資金調達をクラウドファンディング(kickstarter)にて開始したことを発表した。

英語版のリリースは2021年春を予定しており、米国、シンガポールなどを中心に販売をスタートさせる計画。

またクラウドファンディングに先立って、開発者である8歳の小学生とその父親が、製品化の経緯を語るインタビュー動画を公開した。

グラミン合同会社が今年7月7日にリリースした「グラミン探検隊 ベーシック版」は、発売から3日間で先行販売分が完売し、現在も通常版は好調な販売を続けている。

もともと「プログラミング的思考は万国共通」であり、言語に左右されることなく遊べる仕様になっているため、今回の英語版を通じて、言葉の壁、文化の違いを超えて、もっと幅広い対象にむけて、「グラミン探検隊」を広めていきたいと考えているようだ。

このプロジェクトは、kickstarter内イチオシのプロジェクトとして”Project We Love”に選出されている。

kickstarterでのクラウドファンディングは2020年9月26日まで実施される。

グラミン探検隊とは?

プログラミング的思考を学べるボードゲーム。新型コロナ禍でのステイホーム中に、8歳の小学生と父親が思いついたアイデアを商品化し、2020年7月7日に「ベーシック版」をリリース。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。