⼦育て中のお⺟さんのためのオンラインスキルスクール「Muse Academy」10月1日の開校に向け事前ユーザー登録を開始

「働き方を自分で選びたい」⼦育て中のお⺟さんのためのオンラインスキルスクール「Muse Academy(ミューズアカデミー)」が、10月1日のサービスリリースに向けて事前ユーザー登録を開始したことを発表した。

Muse Academyは企画・制作・運営までの全てを現役⼦育て中のママたちがフルリモートで⾏っている。

妊娠や出産をきっかけに働き⽅、⽣き⽅を⾒直すことの多い⼦育て中のママが、⾃宅でも⼦育てをしながら無理なく収⼊に繋がり、コロナ禍で求められている「新しい働き方」にも対応できるスキルや知識を⾝に付けられるオンラインスクールである。

事前登録でメンタリング・コーチングの無料チケット&公式SNSのフォローと入学申し込み者全員にオリジナルのモバイルバッテリープレゼントのWキャンペーンを実施中。

「Muse Academy(ミューズアカデミー)」とは

コンセプト

「お母さんの笑顔の延長線上に、子どもや家族の幸せがある」

そんな社会を目指して、家庭を持っても社会の一員として自立したいママを応援する場所となる。

Muse Academyの特徴

  • 子育てをしながらでも学びやすい完全オンラインスクール
  • 現役のママが、ママのためだけに考えた「1日15分から取り組める」カリキュラム
  • 企画や運営、メンターも全て「ママ」だから、ママの悩みに寄り添える
  • コーチングを組み合わせることで、学習迷子になることなく効率的に目標を達成できる
  • 「あなた専任執事」や「講師キャラクター」など、ママが楽しく学習できる仕組みがたくさん
  • スキルの習得だけでなく、コミュニティ機能で全国の頑張るママと繋がれる
  • 自己肯定感や社会との繋がりを生むことができる

Muse Academyで学べること

Webデザインコース

自宅で仕事がしやすい!と人気のWebデザインを、デザインの基礎から学べるコース。Webデザイナーとしての就職・転職はもちろん、フリーランスも目指せる。

Webライティングコース

短い文章の書き方からライティングの基本、仕事の進め方まで、実際にプロとして通用するライターになるための実践的な内容を学ぶことができる。

こどもプログラミングコース

子供向けのプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」の基礎を身につけられるコース。2020年から必修化がスタートしたプログラミング教育の基礎知識から、子供向けテキストを利用した実技までを学ぶことができる。

教材は現役のママクリエイターが作成の完全オリジナル

Muse Academyの教材は、フリーランスやパラレルワーカーとして現役で活躍中のママクリエイターがオリジナルで制作している。

知識ゼロの状態からでも抵抗なく、楽しんで学べるように会話形式のスライドを導入したり、身近な生活や子育てあるあるに例えた事例など、「ママ専用」だからこそ実現できた学習コンテンツで、オンライン学習にありがちな「やったつもりで身についていない」「教材が短調で飽きてしまう」という問題を軽減。

講師のキャラクターが話しかけるようにレッスンが進むため、例えば寝かしつけ中などの「ながら学習」でもしっかりと知識が定着するように工夫されている。

Muse Academyが果たす役割

ママが環境に左右されず、自分で働き方を選択できる

通勤時間や住環境に影響されづらい仕事に就けるスキルを手に入れることで、子どもの成長や家庭環境の変化に合わせて働き方をコントロールすることができる。

また、コロナ禍における社会情勢や働き方の変化にも対応しやすい働き方を「自分の意思で」選べるようになる。

自分のやりがいや社会との繋がりを重視して仕事ができるようになる

自らが選択した仕事に従事することでママの自己肯定感が向上し、幸福度も上がり、ミスマッチによる離職率が下がる。

収入が上がることにより、時短家電や家事代行、ベビーシッターなどを利用する選択肢が増える

ママの心身の負担が軽減することにより、ママだけでなくパパや子どもたちの幸福度も上がる。

経済的にも気持ちにも余裕ができることで、パパが育休を取ったり、残業の少ない仕事に転職できるなど、家族の将来的な選択肢を広げることも可能。

ITリテラシーが高く、スキルのあるママが増える

就職以外の選択肢が増えることによりママの起業率が上がる。社会的にもママの評価と地位が向上する。そして子どもの教育に対する投資も増え、子どもの学力と多様な働き方に対する理解が向上する。

ママは重要な戦力!という認知が広がる

スキルのあるママが会社の戦力として活躍することで「子育てしながら働きやすい企業」も増加し、社会全体がどんどん子育てに協力的になる。

10月1日のサービス開始に向けて事前ユーザー登録を開始

Muse Academyは10月1日の正式オープンに向け、現在事前登録を受け付けている。

細やかなサポートを重視しているため、第1期の募集人数は100名。その後段階的に受入枠を拡大していく予定。

Muse Academyの公式Webサイトから事前登録をすると、10月1日のオープンに先がけて申し込み情報が届く。

料金コースや詳しいサービス内容はWebサイトを要確認。

Wプレゼントキャンペーンを開催中

その1

公式TwitterやInstagramで該当の投稿をRT&第1期の入学者全員に「Muse Academyオリジナルモバイルバッテリー」をプレゼント!(10月1日まで)

その2

事前登録申し込みの上、第一期の入学者全員に合計6,000円相当の「コーチングチケット&メンタリングチケット」をプレゼント!

株式会社フィリアン代表取締役 川端ふみ 氏コメント

平成が終わり、令和時代に突入しました。今、子育て中のママやパパの働き方も大きな転換期を迎えています。

それでも妊娠や出産をきっかけに、働き方を変えざるをえない人はたくさんいます。子供や家族のために、やりたい仕事ができないのはしかたないとも言われます。本当は、仕事を通じて「私の人生」を充実させたい。社会の役に立ちたい。子供に、楽しく働くママの姿を見せたい…!でも、今は育児だけで精一杯。スキルアップしたくても、自分のための時間も、心の余裕もない…!

これは、数年前の私自身の姿です。スキル習得に多額のお金をかけ、時間の捻出や家事育児とのバランスに悩み、一人で不安を抱えていたあの頃の私が、欲しかったものを、たくさんのママクリエイターの仲間と共に作りました。

正社員・時短勤務・フリーランス・副業・複業など、ママの働き方にはたくさんの選択肢があります。Muse Academyで学ぶことを、毎日を必死に頑張るママたちの選択肢の一つにしていただけたら嬉しいです。