オンラインコミュニケーションツール『meet in』学校法人での活用事例を発表、不登校の生徒の出席率が100%に

株式会社meet in(本社:東京都豊島区、代表取締役:齋藤正秋)では、学生応援企画として、学校再開、教育の遅れに対する不安軽減、新型コロナウイルス感染拡大防止策などに役立ててもらうべく、学校法人を対象にオンラインコミュニケーションツール『meet in』を無償提供している。

今回、実際にmeet inを利用する学校法人より、オンラインならではのメリットを活かした活用事例を発表した。

今後の教育機関におけるオンラインコミュニケーションツール活用での新たな可能性について知見を広めるべく紹介する。

『meet in』活用事例紹介

通信制高校 『学校法人つくば開成学園 つくば開成高等学校』

学校法人つくば開成学園 つくば開成高等学校

もともと少人数制で授業をしていたため、大人数が利用するよりも手軽さを求めた結果「meet in」導入へと至ったという。

また、なかなか登校できない生徒が、先生1人生徒1人だと意外に授業を受けてくれるようになり、不登校の生徒も出席率が100%となったという。

来年やってみたい取り組みは、入学してすぐに対面ではなく、まずはオンラインの授業に慣れてもらってから学校に来てもらうこと。そして、生徒が家にいてもある程度授業を受けられるというコースも検討していく。

さらに、関西の生徒が東京の大学を志望校としていても、指導するのはどうしても関西の方になってしまう。

だが「meet in」を活用すれば、志望大学の現役大学生や志望大の入試傾向に詳しい指導者から指導を受けることが可能になる。

場所を問わないオンラインならではのメリットを活かして、授業のスタイルを広げていけたらと考えているようだ。

学校法人 上田学園 大阪総合デザイン専門学校

大阪総合デザイン専門学校 学校法人 上田学園 大阪総合デザイン専門学校

同校では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、学生と接触することができなくなったので、どう改善していくかと色々考えたうえでの対応策として、「meet in」を導入し、学生との個別面談に「meet in」を使っている。

電話だけだと言いたいことだけ言って、相談だけして終了するような無機質な感じがするので、「meet in」を使うことで顔の表情が分かり、実際に会って話す時と変わらないぐらいのクオリティで会話ができるようになったという。

また、導入理由としては以下の3つ。

  1. 画像が綺麗であること
  2. 会話の状態が途切れないこと
  3. セキュリティがしっかりしている点

学生の個人情報を扱うので、セキュリティがしっかりしていないと学校として学生に勧められず、その点でセキュリティが担保されている「meet in」は学校向けにも良いツールだと考えているという。

今後は学生にアカウントを貸し出し、企業にアプローチしてもらう手段の一つとし「meet in」を使ってどんどん自分を売り込んでもらう「攻めの就職活動」として使う予定。

さらに、企業との交渉でも使うことが決まっているため「meet in」を活用した商品提案を学生に考えさせていいのかなとも考えているようだ。

オンラインコミュニケーションツール『meet in』とは

面倒なソフトウェアのインストールやログインなど一切必要なく、ブラウザだけですぐにオンラインミーティングが開始できる、かつてない手軽さが魅力のWebサービス型コミュニケーションツール。

講師がWeb上でURLを発効、参加する生徒にメールなどでURLを配布し、開始時刻に接続するだけでオンライン授業を開始できるので、アプリのインストールやアカウント登録、ツール上で接続する相手の検索といった煩わしい操作が一切必要ない。

準備に時間を取られることなく本題である授業に専念できる。

またスマートフォンやiPadでも利用できるので、改めて周辺機器を準備する必要が少ないのも特徴。

主な機能

  • 複数人接続(最大6人)
  • 資料、画面共有
  • 議事録作成
  • ホワイトボード・チャット
  • 固定電話
  • 自動文字起こし機能

コロナなんかに負けるな!学生応援企画

教育機関限定でmeet inを無償提供中!(2021年3月末日まで)


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。