テクノシステムズ、教育機関向けスマート証明書発行システム「EDCIS」を提供開始

全国の大学向け文教ソリューションを手掛けるテクノシステム株式会社(所在地:愛知県豊橋市、代表取締役社長:石井澄晴)は、学生が卒業証明書などの各種証明書をスマートフォンから発行し、企業がそれをオンラインで取得できる教育機関向けスマート証明書発行システム「EDCIS(エディシス)」を2021年4月1日より提供開始することを発表した。

テクノシステムでは、卒業証明書や成績証明書といった各種証明書を学生がセルフサービスで発行できる、証明書自動発行機を全国の大学向けに提供してきた。

しかし、昨今は新型コロナウイルス感染症の世界的流行で多くの学生が登校を控える状況が続いており、学生が現地に赴き発行機を利用することが難しい状況となっている。

このような状況下では、学生は郵送で証明書を取り寄せなければならず、その場合、学生が証明書の発行を大学窓口に依頼してから受け取るまでに数日かかってしまう。

学生の就職活動や資格取得などに際し、証明書発行に係る急な要求に対応できない、依頼が集中した場合に対応に時間を要するなど、発行機を利用できない状況は、学生・職員の双方にとって負担となっている。

この課題を解決するため、発行機が利用できない状況でも学生がセルフサービスで証明書を発行できるスマート証明書発行システム「EDCIS(エディシス)」を開発した。

「EDCIS(エディシス)」概要

「EDCIS(エディシス)」は、学生が自身のスマートフォンから各種証明書を発行、企業がそれをオンラインで取得できるシステムであり、証明書は電子文書で提供される。

従来の紙媒体の証明書では地紋印刷やコピー防止用紙を利用するなどして偽造防止の対策がなされていた。

「EDCIS(エディシス)」では、電子文書のための強力な偽造防止技術である電子署名を搭載し、デジタルデータであっても偽造される恐れのない電子版証明書を発行する。

電子署名は、政府機関による公的な認証や電子契約に利用される非常に信頼性の高い技術であり、日本国内だけでなく海外でも有効性が認められている技術である。

システム利用者からみたメリット(学生)

  • スマートフォンから利用できるシステムであるため、24時間365日、どこにいても利用可能
  • 在学生だけでなく卒業生も利用可能

システム利用者からみたメリット(大学)

  • 学生がセルフサービスで発行できるため証明書発行にかかる窓口業務の負担を軽減
  • 物理的な機構を持たないため、紙やトナーの補充、現金の回収といった定型業務が不要
  • 従来型の発行機と共存可能であるため、発行機の台数を減らしてコスト削減が可能
  • クラウドサービスであるため停電や地震などの災害があっても運用継続が可能
  • 電子マネー決済に対応することで、各種証明書の発行手数料がオンラインで決済可能

提供形態

クラウド版のみの提供となる。利用者はスマートフォンアプリまたはWebブラウザからシステムを利用する。

価格

イニシャルコストとして設定費用、ランニングコストとして利用ユーザー数に応じた基本料金が必要。

基本料金で利用可能な機能に加えて、統合認証などの各種アドオンを用意している。契約内容、金額などの詳細については要問い合わせ。

提供開始日

2021年4月1日より提供開始予定

製品発表オンラインセミナーについて

日時

2020年9月17日(木)および18日(金)10:00-10:15 / 13:30-13:45 / 16:00-16:15