中国のオンライン教育スタートアップ「Zuoyebang」夏季の有料ライブストリーミングコース総登録数が前年比+390%、合計780万人に

初等・中等教育の学生に個別教育を提供する中国最大のオンライン教育スタートアップであるZuoyebangは8月31日、2020年夏季の実績を発表した。

Zuoyebangは引き続き、有料コースの学生数、成長率、ユーザーの規模で中国をリードしているが、学生獲得コストは中国のオンライン教育業界で最も低い。

Zuoyebangの夏季の有料ライブストリーミングコースの総登録数は前年比390%増加し、合計780万に達した。

171万人以上の学生が割引なしのコースを選択し、この学生数は前年比350%増だった。

これらの学生のうち67%以上がオンライン学習支援プラットフォームであるZuoyebangのSuper APPから移行した。

この結果、新規学生申し込みのコストが大幅に削減され、採用コストを業界平均の半分未満に抑えることが可能になった。

9月7日まで、Zuoyebangのアクティブユーザーはモバイル教育アプリ全体で、1日5000万人以上、1カ月では1億7000万人に達している。

さらに、全ユーザーの60%以上が中国の1級都市および2級都市以外に居住しているため、包括的な教育へのプロバイダーの取り組みが促進されている。

近年中国ではオンライン教育が急成長しており、この上昇傾向は継続すると見られている。

2020年上半期を通じ、1億9400万人を超える中国のK12(幼稚園から高校3年)の学生が、パンデミックをきっかけにオフライン学習からオンライン学習に切り替えた。

Zuoyebang Chen Gongming共同創設者コメント

Zuoyebangの継続的成功は、Zuoyebang Super APPから取得した革新的な新テクノロジーの使用と、そこからの継続的なトラフィックの結果としてもたらされた。当社は独自の戦略により、規模と効率の両方を実現し、将来の成長のための強力な基盤を確立することができる。

今後、Zuoyebangは新しい講座を開発し、新しいビジネスモデルで拡大する機会を模索する。当社は引き続きスピード感を持ちながら、学生のための教育の開発に全力で取り組んでいる。可能性は本当に無限大である。

Zuoyebang Luo Liang副社長コメント

Zuoyebangがより機能的で包括的であればあるほど、ユーザー体験はより良いものとなる。学生がZuoyebang Super APPを使用すると、当社は彼らの教育ニーズに特化し、かつカスタマイズされた推奨講座を提供できる貴重なデータを収集することができる。

Zuoyebangについて

Zuoyebangは2015年に創設。

中国最大のK12オンライン教育プラットフォームとして、Zuoyebang Super App、Zuoyebang Live Courses APP、Zuoyebang Oral Arithmetic Appなどの包括的な一連のサービスを提供している。

Zuoyebangには現在、合計で8億人を超えるユーザーが登録されており、アクティブユーザーは1日5000万人以上、1カ月1億7000万人を超えている。

北京に本社を構えるZuoyebangは、全国に武漢、西安、済南など11の支店を置いている。

このエドテック(edtech)スタートアップは現在、全国で2万2000人超のスタッフを雇用しており、雇用創出を支援するため2020年前半にさらに1万人のスタッフを採用する予定である。

Zuoyebangは6月末、7億5000万ドルのシリーズE資金調達を完了した。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。