タカラトミー、松丸亮吾さんのナゾトキやマイクロソフト監修アプリを搭載したキッズパソコンを発売

株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)は、パソコンスキルの基礎や 将来を見据えた思考力が楽しく身に付く、キッズパソコン「スキルアップ タブレットパソコン スピカノート」(以下、「スピカノート」)(希望小売価格:18,000円/税抜き)を、10月1日(木)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ、一部の書店、タカラトミーの公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等で発売開始することを発表した。

この商品は、70種類のアプリに豊富な145種類のメニューを揃えており、“ナゾトキ”で人気を博している松丸亮吾さん監修の「東大松丸式ナゾトキアドベンチャー」や、ECC英語監修の英語学習アプリ、そして、マイクロソフト監修のパソコンスキルアプリでは、Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)(※)のそれぞれの特徴体験が搭載されている。

子どもの興味や関心を引き出しながら、“考える力が身につく” 商品で、楽しく学べることがこの商品の最大の魅力。

※本商品はタカラトミーが開発したアプリケーションソフトを搭載しており、実際にマイクロソフト製品が提供され、もしくは体験できるものではない。Microsoft、Word、Excel、PowerPointは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標。

キッズパソコン「スキルアップ タブレットパソコン スピカノート」概要

オンライン学習など教育環境のIT化により、子ども達がパソコンやタブレットを使用する機会が増え、パソコンスキルが求められている。

また昨今、テレワークや在宅勤務の拡大により、両親や家族のパソコン操作をそばで見ていたことで、タイピングやパソコン自体に興味を持つ子どもが増えてきている。

「スピカノート」はパソコンとタブレットの2WAYタイプ のため、パソコンだからこそできる機能を理解しスキルの基礎を身に付けるとともに、タブレットを触る機会の多い子どもにも親しみやすい仕様になっている。

搭載アプリ

これからの時代に必要な思考力・判断力を~「東大松丸式 ナゾトキアドベンチャー」(全6種50問)

松丸亮吾さんが監修した「東大松丸式ナゾトキ」がアプリとして内蔵。

ナゾトキを通して「きりかえ」、「くみたて」、「がんばる」、「ひらめき」、「つたえる」の5つの思考力が身に付く。

アプリでは5つの不思議な地図が表れ、ナゾトキを進めていくと、新たにひみつのアプリが登場する仕掛けも。

アプリ上のナゾトキは、ひらめきが解決のカギになるので子どもだけでなく、大人も一緒に楽しめる内容になっている。

キッズパソコン初のスピーキング学習~「ECC英語監修 英語学習アプリ」(全15種)

語学スクールの運営をはじめ、さまざまな教育活動を展開する株式会社ECCが英語監修した英語学習アプリでは、音声認識機能を活用した、スピーキング学習ができることが特徴。

手本の声を真似する発音練習や、発音することで進行するゲームなど、楽しみながらスキルにつながる勉強ができる。

また。音とつづりの規則であるフォニックスもゲームの中で学ぶこともでき、これまでにない本格学習が可能。

パソコンスキルの土台を身に付ける~「パソコンスキル マイクロソフト監修アプリ」(全17種)

Word、Excel、PowerPointそれぞれの特徴である、文章入力、表計算、プレゼンテーションができる。

プレゼンテーションは、本体で撮影したオリジナルの画像の挿入も可能です。それぞれの特徴を知ることで、本格的に使用する時に向けた、スキルの土台が身に付く。

また、テレワークや在宅勤務をしている家族の仕事と同じような体験ができるのも魅力のひとつ。

各機能とメニュー
  • 文章入力:グリーティングカード、にっき、タイピングクレーンゲーム
  • 表計算:グラフゲーム、じかんわり、おこづかいちょう
  • プレゼンテーション:めいし、かんさつにっき、プロフィール、マイプレゼンテーション

※作成したデータをJPEGで保存でき、フォルダに格納もできる。別売りのマイクロSDへの保存も可能。

イン・アウトカメラを搭載~「ゲーム・アート・カメラ」(全24種)

ゲームで憧れの職業を体験できるほか、自由に絵が描けるおえかき機能、またイン・アウトの2つのカメラを搭載。カメラでは動画と静止画の撮影が可能。

自分自身で設定したイラストデザインを動かせる~「ゲームプログラミング」(全8種)

既存のキャラクターなどを指示通りに動かすものではなく、キャラクター(プレイヤーや敵)のイラストや、その動きの速さ、ゲームのスコアを自ら設定でき、オリジナルゲームをデザインすることができる。

職業図鑑確認~「マイルーム」

ナゾトキ、英語学習、パソコンスキル、ゲームプログラミングを進めていくと、職業図鑑の職業を獲得し、さまざまな職業を知ることができる。

このマイルームでは、各々のアプリやメニューの進度を確認できる「しんどマップ」や、獲得した職業アバターを確認できる「しょくぎょうずかん」を見ることができる。

その他の機能

消費者アンケートでリクエストの多かった充電式を採用。

連続約3時間使用が可能で、付属のUSBケーブルのほか、ACアダプター(別売)で充電することもできる。

また、画面サイズは5インチの見やすい液晶を採用。

本体に写真30枚、ムービーを約30秒×3ファイル、約5秒×6ファイル保存可能(別売りのマイクロSDを使用すると、保存数を拡張することができる)。

希望小売価格

18,000円(税抜き)

発売日

2020年10月1日(木)

対象年齢

6歳以上

商品内容

本体(リチウムイオン電池内蔵)、タッチペン、USBケーブル(タイプA-タイプminiB)、取扱い説明書、保証書付(取扱い説明書内)

その他

SDカード(別売り)対応、充電式、タカラトミーACアダプターTYPE5U(別売り)対応、インターネットやWi-Fiなどの通信機能はなし

商品サイズ

W 約220×H 約162×D 約34mm (画面サイズ5インチ)

販売目標

10万個(初年度)

取扱い場所

全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ 、一部の書店、 タカラトミーの公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。