金沢工業大学・学生団体GYIsとジョンソンコントロールズが連携、子ども向けSDGs学習教材を作成

金沢工業大学と学生団体「SDGs Global Youth Innovators(GYIs)」は、ジョンソンコントロールズ株式会社(日本法人本社 東京都渋谷区)と連携し、子ども向けSDGs学習教材を作成。

その学習教材を用いて、9月6日(日)に開催する同社のファミリーデーイベントにて、SDGsをテーマにしたオンラインワークショップを開催する。

ワークショップでは、小学4年生以上の同社従業員の家族50~100名を対象に「未来の街づくり」について考える。

ワークショップのテーマは、「安全で快適、持続可能な世界をSDGsで学ぼう」。

GYIsが企業と共同開発したオリジナルカードゲーム「THE SDGs アクションカードゲーム X(クロス)」で遊びながらSDGsについて学ぶ。

ワークショップの模様は、YouTubeでも一般公開される。

今回のワークショップ実施にあたり、GYIsはジョンソンコントロールズ株式会社とともに、「X(クロス)」のジョンソンコントロールズ版を作成した。

「X(クロス)」は、企業や自治体が抱える課題やリソースに応じてカスタマイズが可能になっている。

ジョンソンコントロールズ版では同社のもつビルテクノロジーのリソースやトレードオフの問題について議論することが可能になっている。

SDGsの内容のみならず、SDGsに企業がどのようにかかわっているのかを学ぶことができる。

また、GYIsはSDGsについての基礎知識を紹介する教材「SDGs探求クエスト」、副教材動画の作成を担当。

ワークショップを通して、一人ひとりが自分事としてサスティナビリティについて考え、行動する機会を提供し、未来を担う子供たちとともにSDGs達成を目指し、安全で快適、持続可能な世界を描いていく。

金沢工業大学とGYIsは、SDGsに関する授業・ワークショップの講師として全国の小中高を対象に活動しており、2019年度には19回・約1,250人の生徒に対する教育支援を実施。

また、経営者を含めた一般向けのワークショップを約60回開催し、約3,300人を対象にSDGs学習の支援を行った。

ビルソリューションのグローバル企業であるジョンソンコントロールズ株式会社とは、金沢工業大学のSDGs推進センター・経営情報学科平本研究室が連携し、若者がSDGsを考えることを目的として共同研究に取り組んでいる。

共同研究にて開発したゲーム教材・教材・動画はジョンソンコントロールズ株式会社のファミリーデー2020特設サイトにて広く一般に公開しており、企業のSDGs取り組みを子どもや若者にわかりやすく提示する。

ジョンソンコントロールズ ファミリーデー オンラインワークショップ概要

開催日

9月6日(日)

開催時間

13時~16時(途中休憩あり)

アジェンダ

  1. 理解:オリジナルカードのプレイや教材の概要紹介を通じて、ジョンソンコントロールズとSDGsとの関係性の理解を深める
  2. 想像:未来の社会を創造するためのインプットとして、総務省の「未来をつかむTECH」戦略をベースとした未来の生活像のインプットを行う
  3. 提案・共有:オリジナルカードをベースに課題解決をするikigaiのある職業について考え、名前をつけ、共有する

参加方法

開催日時に下記URLにアクセス。