LoiLo、iPad 40台とロイロノート・スクールの無料貸出し後期受付を開始

GIGAスクール構想実現への取り組みが進められる中、LoiLoでは全国の学校・自治体を対象としたiPadの無料貸出しを行っている。

1人1台環境での学びを支えるために欠かせない授業支援ソフト「ロイロノート・スクール」も無料で利用できる。

今回で5回目の実施となる2020年度〈後期〉の応募受付を9月1日より開始することを発表した。

本公募で採択された学校からは「タブレットを使った高い教育効果を実感できた!」「タブレット予算化・導入に向けての大きな実績になった」との声が寄せられており、多くの学校で1人1台環境の実現に至っている。

また、授業支援ソフトの必要性、ロイロノート・スクールの使いやすさを教員・子どもたちが直に感じられる機会となっている。

貸出詳細

費用

すべてLoiLoが負担

  • iPad貸出料金 無料
  • 通信費 無料
  • ロイロノート・スクール 利用料 無料
  • 受領時/返却時の送料 無料

応募締切

2020年 9月 30日(水)

貸出台数

1校につき 40台

貸出条件

貸出期間内に一度、授業の実践報告書を提出

貸出期間

2020年 10月下旬 〜 2021年 3月20日(土)

貸出内容

iPad(セルラーモデル)40台、iPad保護ケース、充電器(専用の保管庫や端末用のペンが必要な場合は、各学校にて用意)

※ 先着順ではない。貸出機の持ち帰りは禁止。

【iPad 無料貸出し】よくある質問(FAQ)をよく読んだうえで申し込むこと。

応募方法

応募フォームから申し込み。なお、応募は1校につき1回。結果は10月中旬になる。

ロイロノート・スクールについて

ロイロノート・スクールは、教育1人1台時代、生徒の主体性を育み、双方向授業を作り出す授業支援クラウド。

小学校から大学まで、すべての授業で使える。

資料のやりとり、思考の可視化、意見の共有が直感的にできるため、子どもたちが自ら考え表現する協働的な学びや、教員の負担軽減につながる。

個別最適化された学びづくりや遠隔での学習にも効果を発揮する。

マルチプラットフォームに対応しており、1日30万人以上が利用している。

全国で5000校以上、1人1台校では320校に導入されている。