コードナインス、音楽をテーマにプログラミングを体験できる初心者向けサイト「Ongaq JS ミュージック・プログラミング・クラブ」を公開

株式会社コードナインス(東京都豊島区)は音楽をテーマにした教材でプログラミングを体験・学習できるサイト「Ongaq JS ミュージック・プログラミング・クラブ」を公開したことを発表した。

未経験だけどプログラムを書いてみたい、音楽が好きでプログラミングにも興味がある、といった子どもから大人まで全ての人におすすめのサイトとなっている。

「Ongaq JS ミュージック・プログラミング・クラブ」概要

コンセプト

小中学校でのプログラミング必修化が進み、業務スキルや一般教養としてプログラミングを学ぶ社会人が増えるなどプログラミング学習の需要が引き続き高まっている一方、それに伴ってどう始めていいか分からない・意欲が続かないといったユーザーも増えているとコードナインスは考えている。

こうした問題意識から幅広い年代のユーザーが未経験でもプログラミングを楽しめ、意欲的に学び続けるきっかけとなるようこのサイトを企画・開発。

このサイトはプログラミングで音を操作する楽しさ、プログラムの結果を「聴いて」確かめられる分かりやすさを重視しており、学生から大人までプログラミングを体験するのに最適。

また手厚いサポートによりJavaScriptの一般的な文法でプログラムを書く体験ができ、そこで登場したプログラミングの重要な概念や考え方を学べるのでスキルアップにも直結するという。

教材の詳細

ドラムやベースの音を使って自分だけのビートをプログラムするコースがメインの教材として公開されている。

ユーザーは書き方の詳細な指示や解説を見ながらプログラムを書いて「音を1回だけ再生する」「キーボードを使ってドラムを演奏する」「同じテンポで音を繰り返し再生する」のような小さな課題に順番に取り組み、最終的に完成したビートをオーディオファイルとして保存できる。

この他にお手本のプログラムを書き写して楽曲をプログラムできるコースなどを公開中。

今後もコンセプトに沿った教材を追加開発していくという。

利用料

個人で私的に利用する場合は、基本無料で楽しめた分だけチップを支払うチップ制。

企業・団体が公的な場所で授業・研修・ワークショップの教材等として利用する場合は、事前に利用形態や規模に応じた利用料を支払う。

また、イベントの実施サポートやオリジナル教材の開発・監修なども対応可能。詳細は要問い合わせ。

推奨環境

PC版各種ブラウザでの利用を推奨。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。