DMM.make AKIBA、情報経営イノベーション専門職大学(iU)と学生の起業支援を目的に連携

合同会社 DMM.com(本社:東京都港区、会長兼CEO 亀山敬司、以下「DMM」)は、学校法人 電子学園(東京都新宿区、理事長 多忠貴、以下「電子学園」)と包括連携協定を締結したことを発表した。

今回の締結により、DMMが運営するモノづくり施設を中心とした事業課題解決型プラットフォーム「DMM.make AKIBA」が学生の起業支援を目的に、電子学園が運営する情報経営イノベーション専門職大学(以下、iU)と連携を開始する。

概要

DMM.make AKIBAは、2014年11月に開設したハードウェア開発用に約5億円を投資した機材と、技術やビジネス面でサポートするスタッフ、24時間利用可能なコワーキング施設を備えた、新たなモノづくりに挑戦するイノベーターをトータルで支援する事業課題解決型プラットフォーム。

これまでにもスタートアップや起業前、若手、学生のチームに対し、一定期間無料で施設利用できる制度を設けたり、教育機関のハードウェア開発施設のプロデュースをしたりするなど、未来のモノづくりとビジネスを担う人材を応援してきた。

今回は「革新を創造する人材」=「イノベーター」を育てることを目指すiUの理念に共感し、モノづくりを中心とした学生の起業支援を開始する。

DMM.make AKIBAでは今後も教育機関等との連携を広げ学生の支援をしていくと共に、様々なステークホルダーを巻き込んだネットワーク・コミュニティにより新たな価値を提供していく。

iUとの連携について

iUは、「ICTで、まだない幸せをつくる。」をビジョンに、

  1. ICT
  2. ビジネス
  3. グローバルコミュニケーション

の3つを柱に、産業界を巻き込んだ実践的な学びの場を提供している。

特にビジネスにおいては「在学中に全学生が必ず起業に挑戦すること」を掲げ、様々な企業と連携したサポート体制を整えている。

DMM.make AKIBAはハードウェア開発用の機材を揃えたコワーキングスペースとして日本最大級の施設。

連携後は在学生と教職員が施設を無料で利用※できるようになり、研究開発やハードウェアビジネスでの起業時に機材を利用したり、シェアスペースをビジネス拠点として活用したりすることが可能。 ※条件・有料機材あり。

DMM.make AKIBAでは現在スタートアップ150社を含む600社、4,000名以上の会員が活動中。

さらにスポンサー企業や地方自治体、国内外のパートナー機関、ベンチャーキャピタルなどを含めたネットワーク・コミュニティを形成している。

様々な機関と連携しているiUとDMM.make AKIBAがハブになることで学生を含めた双方のステークホルダーも1つのコミュニティとして連携し合える体制を目指していく。

シームレスな産学連携によりオープンイノベーションが加速し、革新的なビジネスが生まれていくことが期待されている。

また、今回make AKIBA事業部 事業部長の大沼慶祐氏が客員教授に就任し教鞭を執ることとなった。教育を通じた学生への支援にも取り組んでいく。

iU 学長 中村 伊知哉 氏 コメント

さまざまな設備、「モノ」が揃っていることに加え、スタッフや専門家らの「ヒト」、研修やイベントなどの「コト」も揃う「モノづくりに必要な全て」。

ICTで「全員起業」のiUは、日本の強みである「モノづくり」との融合が重要課題。DMM.make AKIBAはその最良の環境です。今回の提携により、このモノ・ヒト・コトを使いこなし、ここに集うみなさんと溶け合い、世界に打って出る成果を上げたく存じます。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。