KADOKAWAが経済産業省「起業家教育事業」を受託、全国の高等学校等を対象とした起業家教育の自走化に向けサポート

株式会社 KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹、以下 KADOKAWA)は、経済産業省中小企業庁より「令和 2 年度起業家教育事業」を受託し、グループ会社である株式会社角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区、代表取締役社長:加瀬典子、以下角川アスキー総合研究所)と共に、全国の高等学校等を対象とした起業家教育の自走化に向けたサポートを実施することを発表した。

「令和 2 年度起業家教育事業」概要

令和 2 年度起業家教育事業は、平成30年度より起業家教育事業として引き続き行っているもので、これからの時代に必要な起業家マインドや起業家的資質・能力の育成を目的に、教育現場での起業家教育を推進する取り組み。

前年度に好評だった起業家教育プログラムのほか、今年度は新たに、起業家による講演や高校生等を対象としたビジネスプランコンテストといった企画も実施する。

さらに、これまで実施してきたノウハウを活かし、すべての内容においてオンライン対応が可能となっている。

現在、全国の高等学校等を対象に講演実施校を募集しており、講演の実施校に対しては、実施までのプロセスを事務局として KADOKAWA グループがサポートする。

また、ビジネスプランを発表するコンテスト形式のイベント開催についても、起業家教育プログラム実施校はもちろん、全国的な起業家教育の醸成に向けて、全国の高等学校等を対象に幅広く参加を募る予定。

この事業では、これまでに様々なセミナー・展示交流イベントを実施してきた KADOKAWA の企画力と、教育事業をはじめとする数多くのスタートアップ支援を手掛けてきた角川アスキー総合研究所の知見を活かし、教師、生徒、そのほか参加者への起業家マインドや起業家的資質・能力の育成を図る内容を提供する。

今後も KADOKAWA では、グループ内の連携を一層強め、幅広い事業展開を推進していく。

主な内容

すべての実施内容において、オンライン対応が可能。

全国 11 校の高等学校等で起業家教育プログラムを実施

「起業家教育 標準的カリキュラム実践のためのマニュアル」を用いたカリキュラムの実施をオンラインでサポート。

ビジネスアイデアの立案・検証・改善―事業計画書の作成―プレゼン発表等、より実践的な起業家教育を実施する学校を支援する。

全国的な起業家教育の拡がりを創出するため、全国 100 校の高等学校や大学等で起業家や起業経験者を招聘した講演を開催

起業家・経営者としての経験や体験を語ってもらう出前授業を行う。

Japan Challenge Gate 2021 ~全国ビジネスプランコンテスト~の開催

  • 募集対象:<高校生部門>全国の高等学校等に在籍する 1~3 年生の生徒からなる個人またはチーム
  • 応募方法:郵送またはメールにて書面提出(任意で動画も受付予定)
  • スケジュール(予定)
    • 2020 年 10 月 募集開始
    • 2020 年 11 月 締め切り
    • 2020 年 12 月 審査(ファイナリスト 8 組決定)
    • 2021 年 2 月 19 日(金)最終プレゼンテーション
  • 審査項目:表現力/アイデア/収益性/具体性 等

※募集開始の際には改めて特設サイトにて情報公開。<一般部門>のビジネスプランも募集予定。詳細は後日公開予定。

事業の目的

教育現場での起業家教育を推進し、全国の教育機関での自走化を進めること

事務局

本事業および講演実施校・ビジネスプランコンテスト応募に関する事務局は以下。

株式会社 KADOKAWA/株式会社角川アスキー総合研究所 「令和 2 年度起業家教育事業」事務局